グーグルアドセンスの審査に落ちて気づいたタイトル名と記事の内容の関連性の大切さ

こんにちは~。あつもり(@atumori17)です。

ブログをはじめてもうすぐ1ヶ月を迎えようとしています。そろそろ広告を貼りたいなと思いグーグルアドセンスに申請を出してみました。結果はというと、あっさり落ちてしまいました・・

スポンサーリンク
レクタングル大336×280

グーグルアドセンス申請時のブログの状況

申請時のブログの状況はこんな感じでした。

  • ブログ日数:3週間
  • 記事数:11記事  
  • 申請中に1記事アップ
  • PV数:1日20程度
  • 画像は自分で撮影した扇風機の画像を1枚だけ使用。

もともとYOUTUBEだけでしか使用できないHost型のアカウントを持っていましたので、アカウントをアップグレードする形になります。そのため審査は一次審査はなく二次審査からになります。

早速広告コードを発行してブログに貼り付けて、気長に待つことにしました。そして1日後メールで審査の結果が届きました。はやっ!しかし結果は残念ながら審査落ち・・・

グーグルアドセンスからの審査落ちメールを見てまず思ったこと

  • 記事数が足りなかったんだな
  • ブログをはじめてからまだ日数が浅いからだな
  • アクセス数が少ないからしかたないか
  • 審査してくれた担当者が厳しかったのかな

って思いました。すべてを外的要因のせいしていたんです。しばらくこの考えが頭から離れずにいました。

記事を見直したら改善すべきことがあった

でも思いとどまってもう一度全ての記事を見直してみることにしたんです。記事は本当にグーグルのポリシーに合っているのかをもう一度考えてみました。

以下グーグルアドセンスからの審査結果メール内容です。

Google 広告を掲載するサイトでは、ユーザーに価値ある情報を提供することが重要です。サイトに掲載するコンテンツは、ユーザーが真っ先にアクセスしたくなるような、独自性と関連性の高いものにしてください。

サイトは操作しやすい構成にして、ユーザーの利便性を高めることが重要で、クリック操作でページを移動して、探している情報を簡単に見つけられるようにする必要があります。

まずは独自性が自分のブログにあるかどうかを見直してみました。全体の記事の7割くらいは独自性の高いものになっていたので、この点はたぶん問題ないだろうと思いました。

検索ワードと記事の内容が合っているかが重要

続いて今度は「ユーザーの利便性」を考えているときに、あることが頭に浮かんだんです。それは入力した検索ワードと記事の内容がマッチしていればいるほど、ユーザーにとっては利便性のあるサイトだということです。

検索ワードは記事の中に書かれていたとしても、それが見つけにくかったら使いづらい。検索ワードの内容以外の記事はできるだけ一緒に載せないほうがいいということに気づきました。

その視点であらためて記事を見直すと、タイトルを目立つものにしたいがために、タイトルとは関係ない記事が含まれているものがありました。

そこでまずタイトルと記事がマッチするように修正し、タイトルに関係ない記事はばっさり切り捨てました。1つの記事で伝えることは1つだけに絞ったということです。

ブログを書き始めたときはあれもこれも盛り込みたいって気持ちがあり、そのことが結果的に「この記事何を言いたいんだろう?」になってしまっていたんですね。

直した記事を見てみると、見違えるほど良くなりました!

まとめ

今回の審査落ちをきっかけに学んだことがあります。ブログの記事は自分よがりにならず、常に読む人の気持ちになって書く必要があるってことです。何を探そうとしているのか?探したいことは本当に記事の中にあるのか?を考えながら書くのが大切ですよね。

審査に落ちたことにめげずに、しばらくしたらまた申請したいと思います。僕と同じように審査落ちしたかた一緒にがんばりましょう!

ついにグーグルアドセンスの審査に合格しました!下の記事をご覧ください。

こんにちはあつもりです。アドセンス審査にとうとう受かりました。最初に申請を出したのが、9月2日。1か月と1週間かかりました。 ブログの運営期間は2か月です。今日はアドセンスに合格するまでの経緯についてお話します。

スポンサーリンク
レクタングル大336×280
レクタングル大336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする