名曲クリーピングデスを思わせるメタリカの新曲Moth into flame

こんにちはあつもりです。

2016年11月18日に8年ぶりのニューアルバム、「Hardwired…To Self-Destruct」をリリースするメタリカですが、「HardWired」に続く新曲「Moth into flame」のミュージックビデオを公開しましたね。Youtubeにアッ プされていたので早速爆音で聴いてみました〜。

MetallicaTVから公式公開されているOfficial Music Videoです。モノクロの映像が雰囲気でててカッコイイです!

こちらの映像はミュージックビデオの撮影風景

スポンサーリンク
レクタングル大336×280

新曲Moth into flameはどことなく名曲クリーピングデスっぽさが漂う

いかにもオープ二ングっぽい感じのツインギターから入り、間もなくタイトで重心の低いギターリフが展開される。このギターリフ、シンプルだけどカッコよくきまってる! Aメロは直線的に歌うジェイムズのボーカル、途中で疾走するドラムがテンションをあげてくれます。

そしてドラマチックなギターの間奏が入り、サビに突入します。臭すぎず、熱さを抑えた感じがちょうど良いですね。 Aメロから間奏、キャチーなサビの流れが名曲Creeping Deathに似ていると感じるのは僕だけてしょうか?テンションを下げたCreeping Deathって感じです。

中間部でのギターリフはシンプルながらキャチーなメタリカらしいリフですね。このリフがしばらく続いた後、ギターソロに突入します。ワウを使ったお得意のカークのソロはメロディアス、そしてアグレッシブ 。

全体的にシンプルな曲展開なのが良いですね。Aメロ、間奏、サビ、間奏という流れは聴きやすいです。 ハードワイヤード同様、前作デスマグネチックに比べ整合感が出てきていて音がまとまった感じがしますね。ベースの存在感もアップしてるし。

ただジェイムズのボーカルの衰えが気になるところ。もう少し力強さがほしかったですね。全体的にもうちょっとアレンジを詰めてほしかったところもありますね。イントロのツイギターのハモりなんかはもう少しカチッとまとめてスリリングな音にしてほしかったです。そのあとのリフがカッコいいだけにもったいない。

とうとうニューアルバム予約開始してますね~。発売日にほしいかたは早めに予約をしたほうがいいですよ。

新作の方向性

HardWiredとMoth into flameの2曲が公開されたけど、ニューアルバム「ハードワイアード・トゥ・セルフディストラクト」の方向性は大体この2曲の雰囲気に近い感じなのかな? 曲調は前作にかなり近い感じがしますね。

前作は色々なパーツをくっつけたような曲が多かったけど、今回は出来るだけ余計な展開はなくし、シンプルな曲構成にするんじゃないのかなって思ってます?音的には整合感のあるサウンドにしてベースをもっと前に出す感じですね。「Death Magnetic」の進化版って感じですかね。

それにしてもニューアルバムリリースまであと1ヶ月ちょっとですが、ほんと楽しみです。リリースを待ちながら、過去のアルバムを全部聴きなおしてま~す。

2枚組みの通常版。3枚組と比べてジャケットのデザインが違うんですね~。

3枚組のデラックス版。Disk3にはアイアンメイデン、ディオなどのカバー曲やライブ音源が入ってます。

スポンサーリンク
レクタングル大336×280
レクタングル大336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする