マスウコンピューター製ノートパソコン MB-B501E購入後レビュー!

こんにちはあつもりです。今日はマウスコンピューターの格安ノートパソコン「MB-B501E」のレビューです。今まで使っていたLENOVO製のノートPC「E430」がディスプレイが壊れていて、ずっと外部モニターにつないで使ってました。

でもリビングなんかで作業するときに持っていけないのですっごく不便だったんですよ。たまたまamazonで安いノートパソコンを見つけ、なかなか良さそうだったのでポチっちゃいました~。

f:id:bokurock:20161123063126j:plain起動直後。ディスプレイは光沢タイプです。

f:id:bokurock:20161123063130j:plain裏面

f:id:bokurock:20161123063129j:plain側面。必要なものは一通りますね。無線LANは内蔵されてます。

f:id:bokurock:20161123063128j:plainUSB2.0、マルチカードリーダー、VGA端子、LAN端子

f:id:bokurock:20161123063127j:plainイヤホン、マイク、USB3.0、HDMI端子、電源端子、セキュリティースロット

f:id:bokurock:20161123063123j:plainキーボード。タッチの感触はなかなか良いです。

f:id:bokurock:20161123063124j:plainキーボードアップ

f:id:bokurock:20161123063125p:plainデスクトップ。何もないんでスッキリしてます

f:id:bokurock:20161123063122p:plainパソコンのスペック

MB-B501Eの良いところ

・安い

買った決め手はやっぱりこれ!安い!

・ハードディスクがSSD

ハードディスクがSSDなのでファイルの読み書きのスピードが速いです。これも買いの決め手でした。

・余計なソフトが入っていない

普段使わないようなソフトが入ってないのですっきりしてて動作も軽いです。よくあるのがパソコンの状態を定期的に診断するようなソフト。勝手に立ち上がって裏でカリカリやられるのが嫌だったんですよね~。ちなみにセキュリティソフトはマカフィーが入っています。

MB-B501Eの良くないところ

・起動音がうるさい

起動時にハードディスクの音がするのですが、これがけっこううるさいです。作業中もたまにうるさくなります。

SSDの容量が小さい

これはオプションでサイズを大きくできるのですが、一番安いタイプだと120Gです。もともとOSで30G近く使ってますので、実質使えるのが90Gです。写真や動画などのデータはUSBメモリや外付けハードディスクに入れるようにしないと、すぐにハードディスクの容量がいっぱいになってしまいますね。

全体的な印象

つくりもしっかりしていてちゃちさは感じないです。速さに関しては、CPUがCeleron N3160でCoreiシリーズに比べて劣るものの、遅いという感じはしないです。ヘビーな動画処理とか音楽編集とかやるのでなければ十分かなと思います。

メモリが4Gなのでたくさんソフトを立ち上げると遅くなりそうですが。ディスプレイも15.6インチなのでけっこう大きくて見やすいです。総合的に見てこの価格なら十分満足できるパソコンです。

スペック

CUP:Celeron N3160 (4コア/1.6GHz)
メモリ:4GB PC3 12800(4GBx1)
ハードディスク:SSD:120GB
OS:Windows 10
無線LAN:IEEE802.11a/b/g/n/ac
ディスプレイ:15.6インチHD液晶ディスプレイ

おわりに

いかかでしたか?マウスコンピューターの「MB-B501E」。なかなか使いやすいですよ~。

2017年1月15日追記

window10のアップデートの更新後、たまに画面がチラつくようになりました。そんなに酷くないのであまり気にせずに使っていますが、気になる人は要注意です。

調べてみるとパソコンの問題というより、ディスプレイドライバ、またはアプリケーションの問題による可能性が高いようですね。

スポンサーリンク
レクタングル大336×280
レクタングル大336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大336×280