感動できる歌詞がいい!高橋優の初期の名曲ランキングベスト5

こんにちはあつもりです。今や人気のシンガーソングライター高橋優。すでに5枚ほどアルバムを発表していますが、今日は初期の名曲を5曲紹介します。僕は初期の曲のほうが好きですね。飾らない素のまま歌という感じがして。歌詞もストレートに伝わってくるんですよね。

スポンサーリンク
レクタングル大336×280

高橋優の初期の名曲ランキングBEST5

第5位 素晴らしき日常

悲しげなピアノのイントロから入る曲。bメロまでは暗い曲調だけど、サビで一気に明るく開放感のある曲調になる。陰と陽の2局面をもった歌。物が溢れすぎてとっても贅沢なくらしをしているのに何故か満たされない。

それどころか何かが欠如している人が多すぎる。でもやりたいことをもって愛する人がいればきっと明るい未来が待っている。っていう、ネガティブな感情から最終的にはポジティブに向かってく歌詞。すごくわかる共感できる歌詞が痛烈に胸に突き刺さります。

第4位 メロディ

ストレートなラブソング。暑苦しくなく、押し付けがましくなくサラっと聴けるところが良いです。アコースティックギターメインのシンプルなアレンジもいいですね。切ないサビのメロディが胸に染みるっ。恋人と一緒に聴くといいかもっ。

第3位 少年であれ

いじめられっ子を励ます歌。切ないメロディと歌詞が優しさを感じる曲です。バックの演奏がピアノ一本で始まり、2番に入るとストリングスが加わってきてより感動を誘う曲展開がいいですね。 温かく包み込むような高橋優の歌声がいいっ。

痛みを抱え込むな、無理に苦しむ必要はないんだよっていうサビの歌詞の内容が、メロディにあっていてグッときますっ。

第2位 こどものうた

激しいアコースティックギターのストロークから始まる曲。「こどものうた」っていう曲名からして、童謡みたいな曲なのかポップな曲なのかなって思っていたけど全然違います。このギャップにビックリっ。こどもへの虐待や女子高生の援助交際など、痛烈な歌詞を展開してます。

すぐそこで演奏してるかのような生々しいサウンド。高橋優の生の声が伝わってくる感じでとってもいいですね。

第1位 現実という名の怪物と戦う者たち

僕がはじめて聴いた高橋優の曲です。YOUTUBEでたまたま見つけました。生々しい演奏だったのではじめはインディーズで活動してるアーティストかと思いました。 この曲は突き抜けるようなサビのメロディが特徴で、アコースティックギターメインの爽快な曲です。

イントロのピアノのキャッチーだけど優しい旋律も好きです。人生に迷っても息詰まっても、君は一人じゃないんだよ。人と人は支え合って生きてるんだよ。それって素晴らしいことなんだ。っていう内容の高橋優らしい歌詞。聴いていてポジティブになれる歌。

おわりに

いかがでしたか?ここ何年かで人気急上昇中の高橋優。うれしいようなちょっと残念なような・・・ 売れ筋路線だけに走ってほしくないですね。本気の歌を歌い続けてほしいです。

「素晴らしき日常」「福笑い」「メロディ」「少年であれ」などの名曲がたくさん詰った名盤。「サンドイッチ」などのコミカルな曲も楽しいっ!

スポンサーリンク
レクタングル大336×280
レクタングル大336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする