バンドでコピーし易いかっこいいけど簡単なメタリカの曲ベスト5【スタジオ練習】

今日はバンドマン向けにメタリカのコピーしやすい曲ランキングの紹介です。バンドを始めたばかりの頃は簡単な曲からチャレンジして、上手くなってきたら難しい曲にチャレンジしていくのが良いと思います。テンポが速い曲は合わせるのが難しいので遅めの曲からやるのがいいですね。

スポンサーリンク
レクタングル大336×280

バンドでカバーしやすいメタリカの曲のBEST5

5位 Fade to Black

アルバム「Ride the lightning」からのパワーバラード。ツインギターでチャレンジしたい曲。前半のバラードパートと後半の激しいパートのメリハリが大事。テクニック的には難しいところはない。

4位 Creeping Death

アルバム「Ride the lightning」からの曲。 メタリカのアップテンポの曲の中では比較的コピーしやすい曲。ドラムもベースもシンプルで合わせやすい。ボーカルのキーもそれほど高くはない。ギターのダウンピッキングとギターソロが曲の速さについていけるかがポイント。

3位 Jump in the Fire

アルバム「kill em all」からの曲。 ギターはこの曲のテンポのダウンピッキングに慣れるのにちょっと大変だが、バンドとしては合わせやすい直線的な曲。ドラムもベースもそう難しくはない。

3位 Ain’t My Bitch

アルバム「Load」のオープニングナンバー。 ロックンロールのノリなので気持ちよく合わせられる。ギターリフやソロも難しくはない。チューニングが半音下げ。ボーカルが歌いやすいキーだと思う。後はいかにハネるようなノリを出すかがポイント。

1位 Enter Sandman

アルバム「Metallica」のオープニングナンバー。 ミドルテンポの曲なのでバンドで合わせやすい。各パートの難易度もあまり高くない。ただボーカルのキーが終始高いのがポイント。ジェイムスヘッドフィールドのような高くて力強い声を出すのはなかなか難しいと思う。

終わりに

いかかでしたか?まずはゆっくりな曲からというのがバンドをやるうえで定石なので、「Fade to black」「Enter Sandman」あたりから始めるのが良いと思います。ただし、やりたくない曲はやらないほうがいいですね。モチベーションが下がってしまうので。

ベストのスコアにはここで紹介した曲は「エンター・サンドマン」しか乗ってませんね。

スポンサーリンク
レクタングル大336×280
レクタングル大336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする