X japanのギターリフがかっこいいテンション上がる名曲おすすめランキング

X Japanの良さのひとつであるギター。特にツインギターの絡みがカッコイイですよね。今日はX Japanの中でもギターリフがかっこよくて、テンションが上がる曲の紹介です。それにしてもニューアルバムはいつ出るんでしょうかね?

スポンサーリンク
レクタングル大336×280

X Japanの名曲ランキングベスト10

10位 joker

hide作曲の軽快なロックンロールナンバー。パーティに行くまえのようなワクワク感が溢れる曲。ギターリフもノリノリだし、ボーカルの言葉遊びも面白い。


JOKER 青い夜 X JAPAN

9位 rusty nail

week endの続編として作られた曲らしい。確かに雰囲気は近いものがある。美しいメロディと突き抜けるようなサビがインパクトのある曲。


X Japan ~ Rusty Nail 「Last Live 1997」

8位 blue blood

速くて激しくて美しい。ツインギターのハモリも冴えまくるっ。エックスの魅力をギュっと凝縮したハイスピードチューンだ。歌詞の内容もエックスらしい。


X Japan – Blue Blood 1990 LIVE?

7位 miscast

ギターリフ、ベースのフレーズがとてもカッコイイ曲。ベースが曲を引っ張っていってる感じ。終始ハイトーンのボーカル、歌詞もいい。


X – 1991.08.06 – Miscast

6位 rose of pain

12近くある曲だけど長さを感じさせないドラマチックな大曲。前半のスローパートと後半のアップテンポのパートに別れている。ためにためて一気にテンションが上がるとことがいいっ。


X JAPAN – Rose Of Pain [1990.02.04 at 日本武道館]

5位 sadistic desire

出だしからスゲ~っ!ブッチぎれそうなドラムソロ。脳天がぶっ飛ぶギターリフ。テンション上がりまくりの曲。メロディアスなサビのボーカルラインが耳に残りますっ。 マックスになったとこで、キレのあるギターリフ、そこから疾走パートにシフトするところが鳥肌モンですっ。


X (X JAPAN) Sadistic Desire (Tokyo Dome 1992.01.07)

4位 紅

「紅に染まったこの俺を慰めるやつはもういない」名言ですなっ。エックス節が炸裂する耳残るメロディがいいっ。派手なドラムソロ、ドラマチックなギターソロもカッコイイ。


X JAPAN – 紅 -Kurenai- (Niigata 1991.08.06)

x japan 紅

3位 Silent jelousy

ピアノの美しい旋律から、怒涛のように幕を開ける激しいドラムとギターリフ。張り詰めたテンションの中で歌うtoshiのボーカルが凄まじいオーラを放っている。間違いなくこの曲のど真ん中にいる存在感。気を抜いたら狂ってしまう、何とか平常心を保っている、そんな感じがする。


(HD*Subbed) X JAPAN – SILENT JEALOUSY / RETURNS 12/30

 

2位 X

エックスの代表曲。この疾走感と哀愁たっぷりのメロディはクセになるっ。力強いtoshiの叫びっぷりも男前っ。


X JAPAN – X (Tokyo Dome 1992.01.06)

1位 week end

いつ聴いてもワクワクするエックスの中で一番好きな曲。ギターのアルペジオにギターリフが絡む展開がカッコイイ。アグレッシブなパートとゆっくりとメロディを聴かせるパートが絶妙なバランスで共存してる。ギターリフ、ギターソロもエックスの曲の中で抜き出ている。


X Japan – Weekend 1990 LIVE

さいごに

いかがでしたか?Xはバラードにもいい曲がたくさんあります。今回はバラードは入れてませんが、やっぱりエックスは激しい曲がかっこいいですねっ! ニューアルバムまだかな~。

X japanのメジャーデビューアルバム。日本のメタル史の中でも名盤。捨て曲なんてありません。全部名曲!テンション高いっす! 「紅」「WEEK END」「X」は日本メタル史に残る名曲ですっ。

セカンドアルバム。前作に比べ整合感のある洗練された音になりました。YOSHIKI以外のメンバーの作曲割合が増えました。よく言えばバラエティに富んだ作品。悪く言えばエックスらしさが半減した作品。「silent jelousy 」「miscast」「 joker」 「say anythig 」は文句なしの名曲っ。

スポンサーリンク
レクタングル大336×280
レクタングル大336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする