他人の評価を気にしないで前向きに考える方法

こんにちは!あつもりです。

「誰かに認められたい」

と思って必死に頑張る。

僕もずっとそうやって生きてきました。

でも認める、認めないの基準は人それぞれ違う。

僕がサラリーマンの時、残業をしないで定時に帰ると

「もう帰るの?」

って言う上司もいれば、

「きちんと定時までに仕事を終わらせていいね」

って褒めてくれる上司もいた。

学校や会社などの組織の中では、ある程度の共通の基準があるかもしれない。

それにしたって、個人個人の判断基準は少しずつ違っている。

だから

「他人の評価を気にしても仕方ない」

と今は思ってる。

世界の人口77億人。

それぞれ育った環境も、人間関係も違う。

それぞれ違った価値観があるってこと。

同じことをやってもそのことを、良いと思う人もいれば、良くないと思う人もいる。

みんなが同じことを思っていると思うから辛くなる。

だったら、自分が納得する答えならば、自信をもってやればいい。

あとは

「なるようになれ」

って開きなおる。

流れに任せる。良いほうに向かうことを信じる。

そのほうが心はスーッと軽くなるよなぁ。

聴くだけで前向きになれる言葉を魂を込めて叫んでいますっ。心がスーッと軽くなるよ~。

やり抜くことも悪くないけど途中でやめちゃうことも悪くない#勇気の出る言葉 #元気が出る言葉 #言葉の力 #応援してるよ #ギター弾き語り

今日も、最後までお読みいただきありがとうございました!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加