心から信じたことが現実になる

こんにちは!あつもりです。

花粉症という言葉が使われ始めたのは30年くらい前らしい。

そのころから僕の身の回りでも、花粉症の人が増えてたように思う。

ふと思ったのが、花粉症がという言葉が世の中に広がらなかったら、これほど花粉症は広がらなかったのではないか。

つまり、花粉症の存在を知らない人は花粉症にならないんじゃないか、ってこと。

鼻がムズムズしてくしゃみがでる。

「花粉症かも」

って疑いはじめる。それがだんだん確信にかわっていく。

鼻水がたれっぱなし。

「きっと花粉症だ」

そう心から信じた時に花粉症になる。

これからも花粉症になる根拠を自分で見つけ出し、自分は花粉症なんだという現実を作り出す。

自分が信じたことが現実になるのだから。

実は一時的な不調だったのかもしれないのに。

胃の不調で病院に行った患者が医者に

「胃潰瘍ですね」

と言われた。

でもこれは誤診だった。

でもその患者さんは本当に胃潰瘍になってしまった。

心から信じたことは現実になる。

だったら都合の悪いことは信じなければいい。

周りの声を参考にするのはいいけど、決断は自分の心の声に従ってやったほうがうまくいく。

TikTokで聴くだけで前向きになれる言葉を魂を込めて叫んでいますっ。心がスーッと軽くなるよ~。

2:6:2の法則。10人いて2人が君を非難しても、6人は何も感じていない。残りの2人は好感を持っている。全員を敵に回してるって思わなくていいんだ。

役に立った!面白かった!と思ったら応援ポチお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加