寒い日に寒さを和らげる方法

おはようございます!あつもりです。

肌寒くなってきたけど、「さむい~」が口癖になっていませんか?

「さむいさむい」といつも口に出したり、頭の中でつぶやいていると、
寒さに意識が向く時間が多くなります。

そうするともっと寒さを感じるようになるし、寒いことに目がいきやすくなる。

寒さから逃れようとすればするほど、寒さを感じやすくなるんです。

ではどうすればいいのか?

まずは、寒さを肌でじっくり感じる。

「あ~寒い」
体全体で感じましょう。

そして、寒さを感じられることのありがたさを感じましょう

「寒さを感じられるっていいな」

って思いながら、寒さを感じるようにすると、不思議と寒さも和らいでくる。

自然ていいなって思えてくる。

生きてるなぁって感じがする。

寝たきりの人は部屋から出られない。
エアコンがいつも温度を一定に保ってくれていて、寒さを感じることはない。

五体満足だから寒さを感じられる。

日々生きていると忘れてしまうけど、それってすごく幸せなこと。

そして、寒い日いに入るお風呂のジワーっとした温かさ、布団に入ったときのぬくもり、こたつで食べるみかん。
そんなことを想像すると、さらに幸せな気持ちになれる。

そうやって寒さへの捉え方を変えるだけで、嫌だと思っていたことが、嫌だと思わなくなっていきます。

そうであれば、やってみたほうが楽しいでしょ。

冬寒いのは当たりまえそう思って、寒さを味わっていきましょう。

聴くだけで前向きになれる言葉を魂を込めて叫んでいますっ。心がスーッと軽くなるよ~。

長所と短所のギャップがあると人間味がでる。#勇気が出る言葉 #元気が出る言葉 #応援してるよ #言葉の力

今日も、最後までお読みいただきありがとうございました!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加