歩きながらオケツをかけるようになる心を作る方法

こんにちは!あつもりです。

歩きながらオケツをかいたり、股間をかいたり、子供のころは平気でできた。

でも大人になると、

「誰か見てるかも」

「変な奴に思われたらどうしよう」

という不安が頭をよぎり、痒くて痒くてしかたなくても我慢してしまう。

そんなときはこう思おう。

「周りの目は自分が作り出している」

実際に量子力学的に考えると、目の前の現実はその人の意識が作り出していることになる。

変な目で見られると思うから、本当にそういう目で見られる。そういう現実が目の前に展開している。

だったら、オケツをかいても、股間をかいても、誰も見ていない。

そう思えば、そういう現実が展開するんだよなぁ。

最近は躊躇なくオケツをかく。股間は場所によってはちょい躊躇するけど、結局かく。

聴くだけで前向きになれる言葉を魂を込めて叫んでいますっ。心がスーッと軽くなるよ~。

過去にできなかった=今もできないっていう方程式は成り立たない。#勇気の出る言葉 #言葉の力 #元気が出る言葉 #応援してるよ

今日も、最後までお読みいただきありがとうございました!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加