自分の心を変えていけば現実も変わっていく

こんにちは!あつもりです。

「なかなか評価されない」

「あの人がいつも嫌な態度する」

「なんかいいことないかな」

こんなふうに、思い通りにいかない現実を周りのせいにしてしまう。

でも、そう思えば思うほど、さらに上手くいかない。

じゃあどうすればいいのか?

自分の心を変えていくしかない。

「なかなか評価されない」→「私はすごいんだ。だからそのうち評価されるさ」

「あの人っていつも嫌な態度する」→「たまたま機嫌が悪かったんだ。そんな時もあるよね」

「なんかいいことないかな」→「綺麗な青空だな。氣持ちいいな。もっといいことが起こりそう」

こんな風に捉え方を変える。悪いほうではなく良いほうに捉えるように、考え方の癖を変えていく。

はじめは無理やりでもいい。少しずつやっていく。慣れてくると自然とそういう考え方ができるようになる。

そして、氣づくと現実が変わっている。

現実は自分の心を映し出す鏡。

自分が思った通りの現実が目の前に現れている。

だから、嫌なことばかりに意識を向ければ、そういう現実になる。

楽しい現実に変えたいなら自分の心を変えていけばいい。

なかなか氣づかないけど、みんな心の奥底ではそのことに氣づいている。

「自分が変わればいいんだ」

って心の底で叫んでる。

現実は自分の心を映し出す鏡。

そう思って、そのことを実感できるようになると、だんだん思い通りの現実になっていくんだよなぁ。

聴くだけで前向きになれる言葉を魂を込めて叫んでいますっ。心がスーッと軽くなるよ~。

沈黙は気まずいと思うからそうなる。沈黙もアリなんだと思えば自然と話題は生まれてくる。#勇気が出る言葉 #元気が出る言葉 #応援してるよ #冬の歌うま

今日も、最後までお読みいただきありがとうございました!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加