一度感情を受け止めると氣分が晴れて前向きになる

こんにちは!あつもりです。

体のどこかが痛かったり、落ちこんだ氣持ちになったときに、

「痛くない氣のせいだ」

「落ち込んでない」

って嫌な氣持ちをないものにして、押し込んでいた。

そう考えるからそうなるって思っているから。

確かに、いつまでも氣にしていたら、良くない状態が続くだろう。

体が痛い→そのことばかり氣にする→氣にしているから痛くなる

こんな感じの悪循環。

だから、

体が痛い→痛くないと思い込む→痛くなくなる

と思ってた。

でも、痛いときは痛いと思ったほうがいいんだという事がわかった。

体が痛い→痛いんだと心から実感する→それ以上考えてもしかたないと割り切る→氣にしなくなるから痛くなくなる

こんなふうにいい感じの流れになる。

体や心の声を聞かないで、無理に別の捉え方をするということは、他人に自分の存在を無視されたのと同じこと。

痛いとか、不安とかそういう氣持ちを押し込んでしまうよりも、

そういう氣持ちに氣づいて、受け止めてあげる。

体の声や心の声を無視すると、かえって悪くなってしまったり、別のところで歪みが出たりするから。

受け止めてあげたら、それ以上は考えないで、

「そのうち氣分は晴れるさ」

「そのうち痛みは治まるさ」

って思う。

そうするとマジで驚くほど心がすっきりして、良い方向に向かっていくんだよなぁ。

聴くだけで前向きになれる言葉を魂を込めて叫んでいますっ。心がスーッと軽くなるよ~。

褒められたら心から喜べばいい。素直な心でありがとうって言えばいいんだ。#勇気が出る言葉 #元気が出る言葉 #応援してるよ #言葉の力 #ギター弾き語り

今日も、最後までお読みいただきありがとうございました!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加