ばあちゃんが認知症になって悲しいのは自分の氣持ちだった

こんにちは!あつもりです。

ばあちゃんが認知症になって2年以上たった。

息子の名前も孫の名前もわからない。

発症したときは悲しかった。

でも今は穏やかな氣持ちになった。

ばあちゃんは過去の嫌な出来事や後悔など、たくさん考えすぎて疲れてしまったんじゃないか。

もしかしたら、忘れてしまいたいと願ったのかもしれない。

それなら過去の記憶がないほうが幸せなのかも。

そう思うようになった。

過去の記憶がないとしても、今穏やかでいるばあちゃんを思い出して、そんな風に感じた。

自分も穏やかだし、ばあちゃんも穏やか。

それなら、記憶があってギスギスするよりも、いいのかもしれない。

ばあちゃんは悲しいとは思っていないのかもしれない。悲しかったのは自分の氣持ちだったんだ。

TikTokで心が前向きになれる言葉を叫んでいますっ。聴けばじわ~っと勇氣が出てくるよ。

ブログを書いているのはこんな人です

CDアルバムをリリースしました!

「ほんの少しの勇氣をあげられたらいいな」
そんな想いを込めて魂で歌ってます。

「人生ってもっとキラキラしていたんじゃないか?」
「本当の自分はどんな顔をしていたんだろう?」
「過去の後悔、未来の不安で押しつぶされそうになる。」
そんなときに聴いてほしい。

iTunes Store、music.jp STORE、mora、レコチョク、うたパス、Spotify、LINE MUSIC、Amazon musicなど約30種類の音楽配信サービスで聴くことができます。

Album • 2020 • 9 Songs • 22 mins

自力で0.1以下の視力を1.0まで回復させました!

作成した動画を友だち、家族、世界中の人たちと共有

 

チャンネル登録してもらえると、とっても嬉しいですっ!そのことが、僕の励みになり、勇気になります。そして、もっとたくさんの人の役に立つ動画を発信していく、エネルギーになります。

左上のYouTubeボタンをクリックするだけで、簡単にチャネル登録できます。

スポンサーリンク
レクタングル大336×280
レクタングル大336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

20180711関連コンテンツユニット
関連記事とスポンサーリンク
スポンサーリンク
レクタングル大336×280