悲しいときに前向きになる考えかた

こんにちは!あつもりです。

中学3年生の長男と小学5年生の次男のケンカ。

長男がちょっかいを出して、耐えきれなくなった次男が泣く。

これがまた悲しそうに泣くんですよ。

そんな顔を見ると、胸がキューっと締め付けられるようになって、とっても悲しくなる。

でも、そこでふと立ち止まって、

「悲しみって悪いことなの?」って考えてみたら、

「そうでもないな」と思った。

だって、悲しみがあるから嬉しさを感じるんだから。

ずっと嬉しさを感じていたら、それを嬉しいとは感じない。

二人がたまに仲良くしてると、凄く心が温かくなる。

それは悲しみの感情があったからなんだよなぁ。

悲しみを感じた時は、

「このあとに嬉しさの感情を味わえるんだ。」

「嬉しいことが起こるから悲しいことが起こってるんだ」

そう思えば心はスーッと軽くなります。

聴くだけで前向きになれる言葉を魂を込めて叫んでいますっ。心がスーッと軽くなるよ~。

今日も、最後までお読みいただきありがとうございました!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加