鳥に生まれなかったのは不自由さを楽しむため

こんにちは!あつもりです。

「翼をください」僕が大好きな曲。

この曲のカバー動画をYouTubeにアップするくらい好き。

小学校二年生のときに音楽会で歌ったことがきっかけ。

歌詞の内容はあまり考えていなかったけど、せつないメロディーが、なんだか胸に響いたんだよなぁ。

特にサビが好き。

「この大空に翼を広げ飛んでゆきたいよ。哀しみのない自由な空へ翼はためかせ・・・」

この歌詞のように翼があったら、もし鳥だったら車も電車も飛行機もいらない。

自由にどこでも行くことができる。最高の氣分だろう。

でもわざわざ人間に生まれてきたのはなんでなんだろう?

それは不自由さを楽しむためなんじゃないだろうか?

不自由だから便利なものを手に入れた時や、出来なかったことができるようになったときの喜びを味わえる。

そう思うと、

「困難は乗り越えるために起こっているんだ」

と捉えることができるようになるんだよなぁ。

TikTokで心が前向きになれる言葉を叫んでいますっ。聴けばじわ~っと勇氣が出てくるよ。

役に立った!面白かった!と思ったら応援ポチお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加