やってみるの一歩を踏み出せば人生が変わるかもしれない

テレビのCMで凄いおばあちゃんを見た。

若宮 正子さん、 87歳。

80歳でプログラミングを学び81歳でスマホのアプリを開発したらしい。

hinadanというゲームアプリで何十万ダウンロードされている。

私もやってみたけど、ひな祭りの時に飾るひな人形を、ひな壇の正しい位置に置くという内容。シンプルで誰にでもわかりやすく、それが高齢者に受けているらしい。

若宮 正子のように、80歳を過ぎてもガンガン挑戦していく人はいる。

Youtuberとして活躍しているおばあちゃんもいるし、80歳を過ぎてからプロのスケボープレーヤーになったおじいちゃんもいる。

歳重ねると周りの目を気にしたり、自分を過小評価したりしがちになるけど、自分がやりたいと思ったことなら何でもできるんだよなぁ。

できないと決めるのも自分だしできると決めるのも自分。

やりたいと思うなら、いろいろ考えずまずチャレンジしてみる。それでつまらなかったり、思ったのと違ったり、自分に合わなかったりすればやめればいいだけのこと。

やってみるの一歩を踏み出せば人生が変わるかもしれない。

役に立った!面白かった!と思ったら応援ポチお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加