コーヒーを飲むのを控えたら胸の動悸ドキドキがおさまった話

なんだかいつも緊張してる感じや、何もないのに胸の動悸、ドキドキ感が続く。こんな症状になったことありませんか?僕はつい最近までこの症状に悩まされていました。

動悸と手足の脱力感、すこし手の奮えもありました。40歳を過ぎたから動悸が起こっても仕方ないのかな?って思ったりもしました。ず~っと悩んだあげくあることに氣づきました。

  • 朝になることが多い
  • 症状が出る日と出ない日がある

そして動悸が起こる日はコーヒーを飲む日だったんです。

スポンサーリンク
レクタングル大336×280

カフェインの副作用が原因だった

試しにコーヒーを飲むのを控えたら、なんと動悸がなくなりました。ちょっと驚きでした。調べてみるとコーヒーに含まれるカフェインが原因だったんです。カフェインはアルカロイドの一種で、利尿作用や覚醒作用や解熱鎮痛作用があります。

カフェインには副交感神経を刺激する作用があり、眠氣や倦怠感、頭痛に効果があるとされ医薬品にもなっています。特に空腹時は直接刺激が伝わるので、動悸やめまい、下痢など副作用が強く出るんですね。

考えてみると確かに空腹時にコーヒーを飲んでいました。僕は朝食を食べないんですが、コーヒーは午前中に飲んでましたから。それで午前中に強く動悸を感じていたんですね。納得です。

コーヒー以外のカフェインを多く含む飲み物

以下のような飲食物にもカフェインが含まれているので注意が必要です。

紅茶緑茶、ウーロン茶、コーラ、チョコレート、エナジードリンク

特にエナジードリンクはコーヒー2、3杯分のカフェインが含まれているものもあります。海外メーカーのものはカフェイン量が多い傾向にあります。

まとめ

いかがでしたか?カフェインに副作用があるといっても、まったくコーヒーを飲まないのは辛いですよね。僕は午前中に飲むのが習慣だったので、これをやめるのはちょっと辛かったですね。

その代わり午前中の空腹時は控えて、午後のおやつの時間に一緒に飲むようにしています。そうしたら動悸は起こらなくなりました。コーヒーにミルクや砂糖を入れたり、コーヒーの濃度を薄くするのもいいかもしれないですね。

ブログを書いているのはこんな人です

自力で0.1以下の視力を1.0まで回復させました!

僕は0.1以下の視力を自力で1.0まで回復させました!メガネを使わない独自の視力回復法を実践したからです。その体験から、メガネをかけると視力は下がることを確信しています。視力が落ちはじめて眼鏡をかけようか迷っている人に、ぜひ見てもらいたい動画です。眼鏡をするかしないかは、あなたが決めること。世の中の常識や周りの人…

 

チャンネル登録してもらえると、とっても嬉しいですっ!そのことが、僕の励みになり、勇気になります。そして、もっとたくさんの人の役に立つ動画を発信していく、エネルギーになります。

左上のYouTubeボタンをクリックするだけで、簡単にチャネル登録できます。

スポンサーリンク
レクタングル大336×280
レクタングル大336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

20180711関連コンテンツユニット
関連記事とスポンサーリンク