医学不要論を読んだ感想と内容をまとめてレビューします

こんにちは~。あつもり(@atumori17)です。

今回は「医学不要論」という本を読んだのでレビューしたいと思います。

なぜ僕がこの本を読んでみようと思ったかというと、まずインパクトのある題名に惹かれたからですね。もともと病院とか薬とかがあまり好きではなかったので、この題名を見た時に一発で読んでみようと思いました。

スポンサーリンク
レクタングル大336×280

本の概要

ひとことで言うと「病気は現代医学では治すことができない。病気は医者に治してもらうものではなく自分の力で治すという考えを持つべきだ」ということが書かれています。

そして具体的に各病気ごとにに使われる薬の例を挙げており、その薬がどれだけその病気に対して無意味なのかを説明しています。

筆者は医療の9割は必要ないと言いきっています。ここまで言い切れる自信がすごいですよね。まあ本の題名が「医学不用論」なので。

この本を読めば、医療のほとんどが金もうけのためにあること、薬はほとんどが意味がないものだということがわりかります。

印象に残った言葉

本を読んだ中で特に心に刺さった筆者の言葉を取り上げてみたと思います。

あなたが病気をよくしたいと願うなら、健康を獲得したいと願うなら、まず徹底的に知ることである。

ごもっともだと思います。抗生物質はウィルスには効かない。だからウィルス性の風邪にかかったときに抗生物質を飲んでも治らないとか、インフルエンザにタミフルは効かないとか。今でも信じて飲み続けて、そして体を壊してる人は一杯いるですよね。

僕も事実を知らない内は、医者の言うこと、世間の言うことが正しい。と思ってそれに従っていました。でもそれは間違いも多いといことに気付いたときに本当に怖いと思ったし、知って良かったと思いました。

そして僕も自分自身で調べて納得して信じた方法を行ってきました。それによって、副鼻腔炎を自力で治したり、1日2食にして体調が良くなったりしたので、筆者のこの言葉には非常に共感が持てます。

40歳を過ぎてから0.1以下だった視力を0.8まで回復させた視力回復体験談です。メガネをかけない回復方法など視力回復までに行なった3つのステップを紹介します。運転免許更新でメガネの条件が外れたこと、健康雑誌「壮快」にこのブログの記事が紹介されたことが大きな成果です。

医学の本当の目的は何かのところで、現代医学について

「治す」ではなく「その場をしのぐ」

と書かれています。薬についても病気を根本的に治すために作られたものはほとんどないということが書かれています。

僕も昔は風邪薬は風のウィルスを殺してくれる薬だと思って、よく使ってました。でも実際は鼻水やのどの痛みを和らげるためのものだった。このことを知ってから風邪薬は使ってません。

風邪の症状で病院へ行くと3~5日分程度の薬を処方されます。自然治癒するまでの何日間、症状を軽くするための薬を処方されているだけ。でも3、4日たち風邪が治ると薬を飲んだことで治ったものだと勘違いしてしまうんですよね。

健康でないことこそが人間として当然

人間は常に不調を感じ、愚痴をこぼし、その不調とつき合いながら自然と生き死んでいくものである。

この言葉を読んだときはちょっとした衝撃を覚えましたね。不調になるのは当たり前のことなんだという考えでいれば病気はあまり怖くないのかな?って思える言葉でした。発想の転換というか斬新でしたね。

ガンで死ぬ人と末期ガンでも助かる人、この最大の差は調査力の差であり、疑う力の差である。

まさに現代医学の現実を表している言葉だと思う。セカンドオピニオンの大切さを実感させられる言葉だな。病気になったときは医者まかせにしないで自分でも調べて納得のいくところで見てもらった方がよいとつくづく思います。

僕は過去にひどい副鼻腔炎になったことがあります。そのときある医者に完治するのに半年かかるといわれたのを、別の医者に診てもらったら、もうほとんど治ってますよって言われたことがあります。1人の医者を信じていたら6か月抗生物質漬けだったと思うと、ゾッとします。

自然治癒しにくいと言われているやっかいな病気である副鼻腔炎ですが、薬を使わずに自力で治す方法があります。その方法とは朝食を食べない1日2食朝食抜き健康法です。人間はもともと病気を治す自然治癒力を持っていて、1日2食朝食抜き健康法はこの力を最大限に発揮させる方法なんですね。

おわりに

いかがでしたか?今回は「医学不要論」という本をレビューしました。この本がすべてとは思わないですが、医学に頼りすぎるのもよくない、ということがわかる本だと思います。今の医学に不安感や不信感があるなら読んでみるのもよいと思いますよ。

この本を読んでみて医療って結局は金もうけのためにあるんだなって思う。だけれど本当に病気を治したいと思っている医者がいるのも事実だと思う。

基本的にはまずは自分自信で病気に向き合い医者にかかる場合は、良い医者、悪い医者を見抜く知識や術を身に着けることが大事だなと思いました。

スポンサーリンク
レクタングル大336×280
レクタングル大336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

20180711関連コンテンツユニット
関連記事とスポンサーリンク