寒い日に重ね着しすぎると免疫が落ちる

こんにちは!あつもりです。

10月に入って日に日に寒くなっていますが、重ね着して温かくしている人も多いですよね。

そういう私も、昔はスボンの下にタイツを履いたり、腹巻をしたりして寒さをしのいでいました。寝る時ですら、セーターを着ながら布団に入ったり・・・

でも実は重ね着をし過ぎると、かえって体を冷やすことになる。

びっくりですよね~。

なぜかというと、人間の体はもともと、寒い時に内側から体を温めようとする機能があるから。

寒いからといってあまり重ね着すると、この体の内側から温めようとする力が鈍る。

適度に寒さを感じていれば、体の内側から温まり、免疫も働く。

そして、風邪やインフルエンザなどのウイルスにも感染しにくくなる。

病気になりにくい体になる。

人間のからだは凄い。

人の本能を信じれば、もっと自然に、ラクに生きれるんだよなぁ

聴くだけで前向きになれる言葉を魂を込めて叫んでいますっ。心がスーッと軽くなるよ~。

心が踊るようなこと探していればきっと本当の自分に出会える。#勇気の出る言葉 #元気が出る言葉 #言葉の力 #応援してるよ

今日も、最後までお読みいただきありがとうございました!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加