体はそんなにやわじゃない

2時間ぶっ通しのジョギングにチャレンジしてみた。

距離にすると16キロくらい。

13時に出発したから、一日の中でも一番暑い時間帯。

気温は32度くらいあったらしい。

途中何度も頭の中で声がする。

「もう歩いちゃいなよ」

「楽になるよ」

雑念を消して体に意識を向けてみる。

すると体はまだ疲れていない。

しばらくすると、また頭の声がささやく。

「熱中症になるよ」

体の声を聴いてみる。

「大丈夫」

その繰り返し。

やがて頭の声は小さくなり体が気持ちよかった。

これがランナーズハイなんじゃないかと思った。

頭はいつも不安を見つけようとするけれど、体は頭が考えているほどやわじゃない。

それを実感した。

役に立った!面白かった!と思ったら応援ポチお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加