子供の目に過干渉になりすぎないほうがいい

自分の子供に視力が悪くなってほしくない、そう思うのが親心ですよね。

子供の視力が悪くなって嬉しい親はいないから。

でも気を付けたほうがいいのは、過干渉になること。

特に自分自身が視力が悪い親はそうなりやすい。

子供の目をいたわるあまり、

「暗いところで漫画読むと目が悪くなるから明るい所でやりなさい」

「ゲームのやりすぎは目が悪くなるからもうやめなさい」

「ちょっと休憩したら?目が悪くなるよ」

こんな言葉を連発してしまう。

「目が悪くなる」が口癖になっている。

そういう状態がずっと続くと、

暗いところ=目が悪くなる

ゲーム=目が悪くなる

ずっと目を使っている=目が悪くなる

ということが子供の潜在意識に刷り込まれる。それと同時に

「目が悪くなるかもしれない」というネガティブな感情が芽生える。

それ以降は、

暗いところで何かを読むたびに、「あ~目が悪くなっているんだな」

ゲームをするたびに、「あ~目が悪くなっているんだな」

目を酷使するたびに、「あ~目が悪くなっているんだな」

と潜在意識は思っている。そうするとそういう目が作られていく。

心臓を鼓動させるのも、体を作るのも、潜在意識だから。

こういう話がある。

親がいつも子供に対して

「忘れ物はない?あなたは忘れっぽいから」

と言って忘れ物がないかを確認させていた。

その子供は大事な試験のときに受験表を忘れてしまった。

じゃあどうすればいいのか?

「あまり気にしない」のがいい。

いつも親からガミガミ言われる子供も辛いし、言う親も本当は辛い。

「子供のためだから仕方ない」

と思う気持ちもわかるけど、そう思うならなおさらあまり気にしない、あまり言わない。

そうすれば潜在意識に刷り込まれることもないし、子供ものびのび過ごせるし、親の心も軽くなる。

そうすれば家庭も平和になる。

自分自身の心を健康に保っていれば、子供も健やかに育っていく。

役に立った!面白かった!と思ったら応援ポチお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加