メガネに頼っている内は視力は回復しない

メガネに頼っている内は視力は回復しない。

なぜなら潜在意識に、

「メガネを使わないと見えない」

ということを落とし込んでいることになるから。

どれだけ眼筋を鍛えるトレーニングをしようが、メガネを使う時間が長ければ長いほど、

「やっぱりメガネを使わないと見えないんだな」

ということが潜在意識に刻み込まれていく。

そうならないように、少しずつメガネを使わない時間を増やしていくことが大事。

そのことが眼筋を鍛えることにもつがなるし、自分の目で見ることを思い出すことにもなる。

自分の目で見ることを思い出すということは、

「メガネを使わないで自分の目で見える」

ということを潜在意識に落とし込むことになる。

その時間が長ければ長いほど、潜在意識は視力回復に向けて動いてくれるようになる。

最終的には絶対必要な時以外は裸眼。

0.1以下で長い間過ごしてきた人は

「そんなの無理だよ」

と思うかもしれない。

でもまずは、

「できるかもしれない」

と思ってみることが大事。

それが、

「どうしたらできるだろう?」

に繋がり、

「まずはやってみよう」

という第一歩に繋がっていく。

その小さな一歩が視力回復につながれば、素晴らしいよね。

役に立った!面白かった!と思ったら応援ポチお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加