視力回復は心のありかたが大事

視力回復トレーニング本を読んだり、トレーニングスクールに通ったり、速読をしたり、いろいろな視力回復法を試してみても、回復しない。

視力回復することは無理なのかな?

確実に効果のある視力回復法はないのかな?

そんなふうに悩みながら、このブログにたどり着いたあなたへ向けた記事です。

おそらく、今のまま別の回復法をやったとしても回復するのは難しいだろう。

なぜなら、心のありかたが整ってないから。

「心のありかたって何?」と思ったかもしれない。

言い換えれば、どういう気持ちで視力回復に取り組むかという心の準備のこと。

心の準備とは、

「視力を回復させるのは自分自身」ということを信じること。

視力回復とは、自分自身がもともと持っている自然治癒力を使って、もともと持っている視力を思い出すこと。

そういう気持ちを持つ。

誰かが治してくれるわけではない。

同じことをやっているのに結果が違うことがある。

同じレシピで作っているのに、私がつくった料理はまずい。

同じ時間勉強しているのに、あの子は点数がいい。

同じ練習をしているのに、あの子は上達が早い。

どれもこれも、心のありかたが違うから結果が違う。

その方法をやれば上手くいく、という考えではなかなか思い通りにはならないということ。

「いや、もともと持っている才能が違うんでしょ?」

そう思ったかもしれない。

だけどそう思ってしまった時点で、自分には力がないんだと自分自身(潜在意識)に言い聞かせていることになる。だから、できない。

さらに視力回復で言うなら、視力はもともと持っている能力。もともとは視力が良かったわけだから、才能もなにもない。

そういうわけだから、誰かが成功した視力回復法をやったとしても、心のありかたが整っていないと、成功しない。

その方法が直接視力を回復してくれるわけではなく、あくまでも治すのは自分自身の自然治癒力。

方法は自分の自然治癒力を引き出す手段でしかない。

だから、自然治癒力を引き出すことができるなら、方法は何でもいいということ。

とはいっても、その自然治癒力を引き出しやすい方法というのはある。

その方法をやることで、無理なく自然治癒力を引き出す、そんな方法のほうが視力回復しやすい。

だから、いろんな方法を試してるけど、いっこうに回復しない。そんな時は、まず心のありかたを見つめ直してみるといい。

「自分自身の自然治癒力が視力を回復させる」

このことを信じて、いつも心に持ちながら取り組むことが大事。

今回の話は根性論ではなく真実です。

「そうはいってもねぇ」と聞き流してモヤモヤしたままにするのか、

「そうかもしれない」と受け入れてまずはやってみるのか、どちらを選ぶかはあなた次第です。

まあ、どちらを選んでも失うものはないけれど。

役に立った!面白かった!と思ったら応援ポチお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加