視力が回復することに執着すればするほど上手くいかない

おはようございます!

今日は久々の秋晴れ。朝起きると空気が澄んでいて気持ちいい。

天気が悪い日が続いたから、なおさら氣分がいい。

晴れているから氣分がいいのか?それとも氣分がいいから晴れの空をいいなと思うのか?

まあ、それはおいておいて、今回も視力回復に取り組んでいる人向けの記事です。

「絶対回復させてやる」

「もっとはやく結果を出したい」

そういう強い気持ちは逆効果になる。

異性に対して「あの人を絶対振り向かせてやる」とか

ギャンブルで「今日は勝つ!」とか

投資で「億万長者になる」とか

「絶対失敗しないようにしよう」とか

強く思うほど上手くいかないことが多い。

強く思えば思うほど緊張して頭も体も固くなり、パフォーマンスは落ちる。

思い通りにならないからイラつくし、焦るから、さらに力んで固くなる。

やがて不安になってモチベーションは下がり続ける。負のループにはまる。

また、こうなってほしいと強く思うことは、「今はそうじゃない」ということを潜在意識に言い聞かせることにもなる。

回復させるという強い意思は必要。だけれど、一度その意思を持ったら、あとはそうなると信じることが大事。

信じるということは、見え方が悪い時でも、それについて考えすぎないで、いずれ良くなるという前向きな気持ちでいるということ。

良い時悪い時すべてを含めて視力回復への道のりだから、そのことを楽しむ。

曇りや雨が続いたあとにやってくる、青空の日は何といえない清々しさがある。

視力回復も同じ。

今日は曇りだな。明日は晴れるかな。

そうやって天気を見るように、見え方の変化を自然に感じられるようになれば、肩の力も抜ける。

ある日ふと、今まで気づかなかった景色が見えるようになる。

良い変化が現れないとき、今までの努力が無駄になる、そんなことを考えてしまいがちになる。

けれど、

「視力回復に取り組んでいることが自分の成長になる。」

そうやって捉えることが大事。そうすれば結果に執着することも少なくなる。

そして、たとえ回復しなかったとしても、

「やっていれば回復したかもしれない」

とやらなかったことを後悔するよりずっといいんじゃないかな。

チャレンジすればするほど人生は豊かになってゆくのだから。

役に立った!面白かった!と思ったら応援ポチお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加