時間が経つのを遅くする方法

こんにちは!あつもりです。

よく、

大人になればなるほど、日が経つのが早く感じるっていう。

確かに子供の時は日が経つのが遅く感じたなぁ。

夏休みに入ると、休みが長くて長くてうんざりするくらいだった。

サラリーマン時代に転職したときに、次の転職先で勤務するまでに、1か月半の休みがあった。そのときはあっという間に時が過ぎ去っていった。

子供の時に日が経つのが遅く感じたのは、

「時間はいくらでもある」

って思っていたからじゃないかな。

「長い長い人生、まだまだ時間はある」って。

でも、歳をとるに連れてだんだんと、残りの人生のことを考えるようになる。

「あと何歳生きられるんだろう」って。

さらに、日々時間に追われる生活になる。

「時間がない。時間がない」

が口癖になる。

時間がない、時間は限られている、どんどんなくなっていく。

そう考えているから、早く時が経っているような気がするんだ。

「時間はいくらでもある」

と思えば、日が経つのが遅く感じるし、歳をとることを氣にとめなくなるんじゃないかな。

聴くだけで前向きになれる言葉を魂を込めて叫んでいますっ。心がスーッと軽くなるよ~。

一本道に立たされているようで不安になることがあるけど落ち着いて周りを見渡せば道はたくさんあるんだよ。#勇気が出る言葉 #元気が出る言葉 #言葉の力 #応援してるよ

今日も、最後までお読みいただきありがとうございました!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加