失敗から起こるドラマを楽しむ

こんにちは!あつもりです。

今朝あった嫁さんと息子との出来事。

息子が名札を家に忘れて学校に出かける。

それに氣づいた嫁さんが、慌ててベランダから、階下の駐輪場にいる息子に、

「名札忘れてるよ~」

と声をかける。

「こっちに投げて」

と息子。

「取りに来なさい」

と嫁さん。

「いや投げてよ」

とキレ気味の息子。

仕方なく名札を投げる。

すると、駐輪場の屋根に名札がポトリッ。

キレる息子。落胆する嫁さん。

こんなやりとりを布団の中から聴いていて、こんな風に思った。

「はじめから何もしないのと結果的には同じだな」と。

名札を忘れたことに氣づいたけど仕方ないと諦める→息子は名札を持っていけない

名札に忘れたことに氣づいて慌ててベランダに出る→息子は名札を持っていけない

慌てて焦って何かをしても結局は上手くいかない。

名札を忘れたことに氣づいたときもそうだけど、名札をベランダから投げるときもそう。

でも人生ってこんなことがいっぱいある。

名札をベランダから投げたことは無駄じゃない。

息子が名札を忘れて、嫁さんがベランダから投げて、それが駐輪場の屋根に乗っかって、

それを僕があとから脚立で取ろうとして取れなくて、管理人さんが手伝ってくれた。

そんなドラマが生まれたんだから。

だから、「あ~やっちゃった」と起きたことを引きづらず、そんなドラマが生まれたことを楽しんだほうが、人生もっと楽しいよなぁ。

役に立った!面白かった!と思ったら応援ポチお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加