雨の日の憂鬱やイライライを無くしたい!とらえ方を変えて楽しく過ごす方法とは

こんにちは~。あつもりです。

梅雨で雨の日が続いてます。

「雨って憂鬱。ダルイし気分が沈むんだよな。」

ほとんどの人がそんな気分になると思います。頭痛が出るなんて人もいますよね。

僕もそうでした。

「早く梅雨が終わってくれないかな。」ってずっと思っていました。

それと同時に「雨の日が憂鬱でなくなる方法はないかな?」

ってずっと思ってました。

そんなとき、「これだ!」と思える方法を思いついたんです。そこで今回は雨の日の憂鬱を無くして、前向きな気持ちで楽しく過ごせる方法を紹介します。

スポンサーリンク
レクタングル大336×280

雨だったら自分にご褒美を与える

雨=憂鬱な気分になる

雨=楽しい気分になる

というようにとらえ方を変える必要があります。

その方法として僕が提案するのは、雨だったらいつも頑張っている自分にご褒美をあげよう」

ということ。

「私はいつも頑張ってないんだけど・・」というあなたも、まずはご褒美を与えてください。

例えば雨だったら、

我慢していたスィーツを食べちゃう

ビールをいつもより1本多く飲んじゃう

家事をさぼって映画を見に行っちゃう

ピザの出前をとっちゃう

ランチに寿司を食べちゃう

どうですか?楽しくなってきませんか?雨が降るたびに、ご褒美がもらえるなんて、すばらしいですよね。

しばらくの間、こんな感じで自分にご褒美を与え続けてください。

ただし!ここで終わっていけません。

そもそもご褒美とは、何かをやったことの見返りとしてあげるもの。何もやってないのにもらうのはいけませんよね。

自分に課題を与える

ご褒美を与え続けると、ある時、「もらってばかりじゃ悪いな」という気持ちなります。

人間は、ラクをしたいという気持ちと同じくらい、真面目に生きようと気持ちを持っています。いい思いをずっとしていると、真面目な気持ちが顔を出して、バランスを保とうとするんです。

そうなったら、自分に課題を与えてみましょう。

例えば、

近所の人とすれ違ったら自分から挨拶をする

エスカレーターやエレベーターを使わずに階段を使う

会議の席で1回は自分の意見を言う

気になるあの子に話しかけてみる

苦手な同僚に話しかけてみる

電車に乗ったら座らないで立ってみる

普段読まないビジネス書を立ち読みしてみる

作ったことのない料理に挑戦する

普段やらないところを掃除する

などなど。

普段やらないような新しいことをやってみましょう。するとだんだん気持ちが前向きになってきます。

もし課題ができなかったり、上手くいかなくても、それはそれで良しとしましょう。その場合でも自分にご褒美を与えてくださいね。

ちなみに僕は雨が降ったらこんな感じにしてます。

  • 自分への課題:2.5km離れたミニストップまでウォーキングする
  • ご褒美:ミニストップの夏プリンパフェを食べる

2.5kmの距離だと往復1時間かかります。これがいい運動になります。足腰が鍛えられ、血行も良くます。さらにこの時間を利用して音声学習をするのが、今の僕の流行です。

雨がふるたびに健康的なり、知識も広がっていく感じです。

まとめ

ここまでのことをまとめます。

  1. 雨がふる→自分にご褒美を与える(アメ)
  2. 雨がふる→自分に課題を与える→自分にご褒美を与える(ムチ→アメ)

というステップでしたね。

こうすることで、雨が降るたびに、自分がレベルアップしていくことになります。なんだかワクワクしませんか?

梅雨の期間は雨が多いので、月曜の雨だけというように、曜日を限定するのがよいですね。そうすればブルーマンデーも憂鬱ではなくなります。

物事は、捉え方ひとつで、嫌だと思ったり、楽しく思えたりするものです。嫌なことを嫌だと思わず、楽しく思えるような考え方、工夫、をしていけるようになると、人生が断然面白くなってきますよね。

さいごに、この記事を最後まで読んで、「ちょっと面白そうだからやってみよう」と思えたあなたは、変われる人です。

そして、「なに当たり前のこと言ってんだよ。つまね~な」と思ったあなたは、変われない人です。

まずは一歩踏み出して行動してみることが大事なのですよ。そうすればつまらない日常も面白くなってゆくんです。

読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
レクタングル大336×280
レクタングル大336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

20180711関連コンテンツユニット
関連記事とスポンサーリンク