ワクワク感を持ち続けていれば壁は壁でなくなる

こんにちは!あつもりです。

小学3年生の娘がミニバスを始めました。

始めたと言っても、チームのメンバーが足りなくて大会に出れないというので、人数合わせのために参加。だから大会が終わるまでの間だけ。

そうはいっても、土日を使って何回か、正式なメンバーと一緒に練習をしました。

そしていよいよ本番。

試合に出れるというだけで、メッチャ嬉しそうな娘。

とっても楽しそうにバスケしてました。

息子もバスケをやって5年。5年も続けていると、試合に出ることが当たり前になってくる。

そうなると試合に出る喜びが薄れてくる。

でも、

「はじめたばかりのワクワク感」

ってとっても大事だなって思う。

試合に出れる喜び

シュートを決めた時の喜び

コーチに褒めてもらえた時の喜び

バスケが楽しくて楽しくてしかたない。

そんな氣持ちを大切にしてほしい。

人生も同じ。

子供のときのようなワクワク感を持ち続けて入れば、立ちはだかる壁も壁じゃなくなっていくんだよなぁ。

聴くだけで前向きになれる言葉を魂を込めて叫んでいますっ。心がスーッと軽くなるよ~。

失敗するかもを成功するかもに変えるだけで臆病な心が勇氣に変わっていくんだ。#ギター弾き語り #勇気が出る言葉 #元気が出る言葉 #言葉の力 #応援してるよ

今日も、最後までお読みいただきありがとうございました!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加