本の内容を忘れない方法!驚くほど効果がある3メリット読書術

いつもご覧いただきありがとうございます!健康コンサルタント×ブロガーのあつもり(→プロフィール)です。

本を読んでも、その時はわかったつもりになっているけど、次の日になると、ほとんど内容を覚えていない。

自己啓発系の本を読んで、その時は、ものすごくモチベーションが上がって、

「明日からやるぞ」って気持ちになった。

でも、次の日になると、その感情は薄れていき、一週間もたつと、本を読んだ時の熱い感情を忘れてしまう。

このように、せっかく本を読んだのに、内容を覚えていなかったり、一時的に感情が高まっただけで終わらせてしまっては、もったいないと思いませんか?

本で学んだ知識を、仕事や日常生活で活かしたり、本を読んだ時の、燃え上がるような熱い想いを、いつまでも持ち続けたい。そう思うのが自然だと思います。

でも人間は忘れる生き物。なかなか簡単にはいかない。そう思っている方も多いと思います。

そこで、今回は、本の内容を忘れないようにする方法を紹介していきます。

今回の内容を、YouTubeの動画でもお話してます。見ていただけると嬉しいです。

チャンネル登録してもらえると、とっても嬉しいですっ!そのことが、僕の励みになり、勇気になります。そして、もっとたくさんの人の役に立つ動画を発信していく、エネルギーになります。

左上のYouTubeボタンをクリックするだけで、簡単にチャネル登録できます。

スポンサーリンク
レクタングル大336×280

音声を録音する

本の内容を忘れないようにする方法。それはスバリ、「本の内容を録音する」ことです。

これには3つのメリットがあります。なので3メリット読書術と名付けました。

オーディオブックでもいいじゃん。そのほうが録音しなくていいからラクだし。と思ったかたがいるかもしれません。

しかし、オーディオブックよりも、自分の声を録音したほうが、格段にいいことがあります。
ここで、3つのメリットについて説明していきます。

  1. 確実に記憶に定着する
  2. 読んだ時の感情を持続できる
  3. スピーチ力が上がり、自分に自信がつく

順番に説明していきます。

確実に記憶に定着する

小学校の時に、教科書を音読した経験が、誰にでもあると思います。あれは、話す力を養うためでもありますが、記憶に定着させるという意味もあります。

黙読は目だけですが、音読は、目、耳、口、3つを使って情報をインプットします。目だけでインプットするのに比べて、記憶に残りやすいのは明らかだと思います。

特に口を動かすのは効果があります。体を動かしながら覚えると、記憶に残りやすくなります。スポーツをやるときのように、体で覚える感覚、と考えればわかりやすいのではないでしょうか。

あとは、音読は黙読に比べ、本の内容に集中できるということが挙げられます。本を読んでいて、他のことばかり考えてしまい、内容がほとんど頭に入ってこない、という経験はありませんか?

音読は、読むこと、話すこと、2つに神経が集中するので、余計な雑念が浮かびにくくなるのです。結果的に、本の内容が頭に入りやすくなります。

そして、音声を録音することの1番のメリットは、

「繰り返し聴けるということ」です。

一度本を読んだだけでは、1日、1週間と時間が経つごとに、内容を忘れてしまいますよね。だから、記憶に定着させるためには、何度も読んで、反復することが大事なんです。

そうはいっても、1度読んだ本をもう一度読む、ってなかなかやらないですよね。そこで音声が役にたつのです。

録音した音声なら、通勤、通学の時間に繰り返し聴けますよね。1週間ほど繰り返して聴けば、本の内容は、ほぼ頭の中に定着します。

散歩やジョギング中に聴くのもいいかもしれません。僕は、朝の散歩の時に、聴くようにしています。既に何冊も録音していて、ローテンションさせて聴いています。

読んだ時の感情を持続できる

2番目のメリットは「読んだ時の感情を持続できる」ということです。特に自己啓発系の本を読んだ時に、効果を発揮します。

人の感情は、すぐに冷めてしまうものです。本を読んだ時に「よっしゃ!やるぞ」という気持ちになっても、次の日には、その感情の炎がずいぶん小さくなっています。

そして一週間も経つと、感情の炎は消えているかもしれません。

しかし、音声を聴いていれば、いつでも感情の炎を燃やすことができます。これは素晴らしいことだと思いませんか?

オーディオブックに頼るのではなく、自分の声だからこそいいんです。

スピーチ力が上がり、自分に自信がつく

3つ目のメリットは「スピーチ力が上がり、自分に自信がつく」です。

本の内容を読み上げているだけだから、スピーチ力は上がらないだろう。って思う方もいるかもしれません。

確かに、論理的な話の組み立てや、話し方のニュアンスなどのスキルが上がるわけではありません。

でも、声に出して読むことで、活舌が良くなったり、発声が良くなったり、声が響くようになったり、話すことの基本的なスキルは上がります。3冊くらい録音すると、自分の声が変わっていることに驚くはずです。

スポーツをはじめたころは、練習すれば練習するほどうまくなります。それと同じように、たとえ書かれていいる内容を読むだけでも、読めば読むほど、話すという動作に対してのスキルは上がるのです。

そして何より、話すことに対しての抵抗が少なくなります。1冊の本を音声にすると、4~6時間ほどの長さになるんですよね。日常生活で、これだけ話すことって、あまりないですよね。

このように音声を録音すると、話すためのスキルが上がります。そして、そのことは自分の自信にもつながります。

こんなことを言うのはなんですが、音読して、音声を録音して、それを聴き返す。こんなことやっている人は、あまりいませんよね。

人がやっていないことを堂々とやる。絶対に効果があると信じてやる。そのことが自分の自信にもつながるのです。

最後に、音声の録音は、スマホの音声レコーダーを使うと良いと思います。会議の音声などを録音するICレコーダーや、パソコンを使っても良いですよね。

さいごに

3メリット読書術。僕はこれを流行らせていこうと思います。だって絶対に効果があるし、3つもメリットがあるんですから。

僕は話すだけでなく、手や身体、顔の表情などを変えながら、録音してます。相手がいるものだと思って話すようにしています。

慣れてきたらやってみると面白いですよ。人前でスピーチする練習にもなるし。

やがて、読書も話すことも楽しくなる。
通勤や散歩が楽しくなる。

こんな楽しい読書法はありませんよっ!
ぜひみなさんも試してみてください。

今回も、最後までお読みいただきありがとうございました!

僕が最近、音声を録音した本です。浅見帆帆子さんの「あなたは絶対運がいい」です。
読むと、勇気と自信が湧いてきて、とっても幸せな気持ちになれます。
だから、いつも音声で聴きたいと思いました。

副業で成功したい人に読んでほしい記事

副業で月3万以上稼ぎたい人向け。僕の熱い想いを込めて書いた記事なので、ぜひ読んでみてください。
副業をやったけど思ったより稼げない人が成功するために見るべきたった1つの動画

スポンサーリンク
レクタングル大336×280
レクタングル大336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

20180711関連コンテンツユニット
関連記事とスポンサーリンク