1日2食の朝食抜き健康法で得られた9のメリット。ある本との出会いで体調がすごく良くなりました

こんにちは~!健康コンサルタント×ブロガーのあつもり(→プロフィール)です。

みなさん、「1日2食朝食抜き健康法」をご存知ですか?

その名のとおり、朝食を食べないで1日2食だけにする健康法です。

朝食を抜くと、夕食から次の日の昼食までの間が、半日以上空くので「半日断食」という呼ばれ方もします。

朝食を抜くことは体に悪い、と思っているかたもいると思いますが、実はそうではないんですね。

朝食を抜くことで午前中に胃腸を休めることができ、その結果、体の色々なところが健康になってゆきます。

今回は1日2食の朝食抜き健康法で得られた9のメリットを紹介します。

この記事を読むことで、1日2食をはじめようか迷っている人の悩みが解決できます。

スポンサーリンク
レクタングル大336×280

僕が1日2食朝食抜きを始めたきっかけ

僕が1日2食をはじめるきっかけは、ある1冊の本に出会ったことでした。

その本とは、甲田先生の「長生きしたければ朝食を抜きなさい」という本です。

この本を読んだ時に、「朝食を食べないのは体に悪い」という考えは、固定観念だったことに気づかされました。

今まで、朝食を食べていたのは、親や世間がそう言っていたから、それに従っていただけだったんです。

この本を読んで学んだことはたくさんありますが、特に重要だと思ったのは次の3点です。

  1. 栄養学の誤った常識が体をダメにしていること
  2. 食べ過ぎることは病気の原因になること
  3. 1日2食にすることで自己回復力を高められるということ

とくに3に関しては、その効果をものすごく実感しています。

そもそも、午前中は食べ物を消化する時間ではなく、排泄をしたり胃腸や肝臓を休める時間なんです。

内臓を休めることで、体のさまざまな機能が正常に動くようになります。その結果、ケガや病気に対しての免疫がアップしたり、回復も速くなるというわけです。

1日3回食べると、それを消化するために使うエネルギーはフルマラソンを走るのと同じくらいになると言われています。

消化が、いかにエネルギーを消費し、体に負担をかけているかがわかりますよね。

1日2食朝食抜きにして得られた9つのメリット

それでは僕が1日2食をやってみて、効果があった9のメリットを紹介していきます。これからやってみようという人の参考になれば嬉しいです。

疲れにくくなった

1日2食をはじめたばかりの頃は、空腹感から力が出にくいような感じがありましたが、3、4日経ったころには、体が軽くなり疲れにくくなりました。

これは、朝食を抜くことで、消化吸収に使っていた体力を使わずに済むからなんです。今まで午前中に、だるさを感じていた人は、特に効果を感じられると思います。

「朝食を抜くと力が出ない」なんてよく話をよく聞きますが、実は逆だったんですね。

1日2食にする前は、午前中はダルいし眠くてやる気も湧かない状態でした。1日2食にしてからは体がシャキッとして軽く感じられるようになりました。朝食を食べてない分、食べ物を消化するのに体の力を使わないで済むから、その分全身の疲労回復や傷の修復などに当てられるんだと思います。

便秘下痢が治った

僕はもともと、便秘と下痢を交互に繰り返すタイプだったんですけど、これがピタッと治りキレイなバナナ状の便が出るようになりました。

それでも、1日2食をはじめて1か月くらいは、昼食を食べるとすぐに下痢になりました。

あとから調べてわかったことですが、これは体の好転反応というものでした。

好転反応とは、体が正常になっていく過程で、今まで体の中にあった毒素を出すための症状をいいます。つまり下痢をすることで、体の中の悪い毒をを外に出していたわけです。

好転反応は1ヶ月くらいでピタッと治まり、その後は便秘も下痢もなくなりました。

視力が回復するきっかけになった

僕は強度の近視で、視力は0.1以下でした。1日2食をはじめて、2週間くらいたったころでしょうか。

ボーッと遠くの景色を見ているときに、以前と比べて、少しだけ見え方が良くなっていることに気づいたんです。

このときに

「もしからしたら視力が良くなるかも」

って思いました。

これは、1日2食にしたことで、腸内環境がよくなったためだと思います。腸内環境が良くなれば、自律神経がのバランスが良くなり、全身の血液の流れもスムーズになります。

当然、目の周りの血行も良くなりますので、そのことが視力に良い影響を与えたのだと思います。

それからメガネの度数を落としたり、パソコンをやるときはメガネをかけないなど、視力を回復させるための努力をしました。その結果、現在0.9まで視力が回復しています。

1日2食にしただけで視力が回復したわけではありませんが、きっかけを作ってくれたことは間違いありません。

「視力が良くなるかも」と思わなければ、視力回復にチャレンジしていなかったわけですから。

視力回復については下記の記事をお読みください。

40歳を過ぎてから0.1以下だった視力を0.8まで回復させた視力回復体験談です。メガネをかけない回復方法など視力回復までに行なった3つのステップを紹介します。運転免許更新でメガネの条件が外れたこと、健康雑誌「壮快」にこのブログの記事が紹介されたことが大きな成果です。

胃腸の調子が良くなった

朝食を抜くと、胃腸は午前中に、消化活動を行わなくてすむため、排泄だけに集中できます。そうすることで、胃腸に、よけいな負担がかからず、だんだんに元気になってきます。

昼食前は、必ずといっていいほど、腹が「グ~ッ」と鳴ります。この状態で食べるご飯が一番うまいっ!食材の旨味が体に染みわたる感じがしますよ。

空腹は最高のスパイスと言われるわけがわかりました。

そして胃腸が元気になっていくると、何を食べてもおいしく感じられる、ということもわかりました。

「腹が減ったら食べる」本来はこうあるべきなんでしょうね。

お腹が減ってないということは、体が食べ物を必要としてないということ。そんな時に食べても体にいいはずがないですよね。

1日2食朝食抜き健康法は朝食を食べないことによって、前の日の夕食から次の日の昼食までの時間、胃腸を休める健康法です。胃腸が元気になると今までより食べ物が美味しく感じられるようになります。これは高齢になればなるほど効果が感じられると思います。特に食事前に腹からグ~っと音がして空腹感を感じられるようになりました。

体重が減った

はじめてから1か月で、58キロだった体重が55キロになりました。

僕にとっては良かったことではないですけど、体重が減って嬉しいと思う人はたくさんいますよね。

1食分抜いているのだからあたりまえか~。

無理なダイエットは健康に悪いですが、1日2食の半日断食なら、健康的に痩せらせるのでおすすめです。

簡単にくじけない心になった

1日2食を続けていくと、体調がすごく良くなるので、それに連れて気分も明るくなってきます。

そして、「小さなことにクヨクヨしない前向きな心」になります。

さらに良いのが、病気に対しての恐怖心を、前ほど感じなくなるいうことです。風邪やインフルエンザなんかは1日食べなければ治る!って思っているので、病院通いをしなくなりました。

1日2食朝食抜き健康法を続けていると日に日に体調が良くなっていくことに気づくと思います。その結果、気持ちが前向きになりやる気がみなぎってくるんですよね。健康でいられるってことは何よりも大切なことだし、生きる活力になるんだなと実感しています。

風邪をひきにくくなった

1日2食をはじめる前は、毎年のように風邪にかかり、ひどい時だと1ヶ月以上咳が続くことがありました。

ところが、1日2食にしてからは、風邪に対しての抵抗力がつき、咳が出始めても3,4日でピタッと治まるようになりました。

さらに風邪だけでなく、副鼻腔炎を自力で治すことができました。副鼻腔炎は自力で治すのは難しく、抗生物質を飲まないと治らないと言われています。

ですが、1日2食で体の自己回復力を高めれば、副鼻腔炎だって自力で治せるということです。

自然治癒しにくいと言われているやっかいな病気である副鼻腔炎ですが、薬を使わずに自力で治す方法があります。その方法とは朝食を食べない1日2食朝食抜き健康法です。人間はもともと病気を治す自然治癒力を持っていて、1日2食朝食抜き健康法はこの力を最大限に発揮させる方法なんですね。

肌がキレイになった

僕は肌がもともと弱くて、冬になると乾燥で手が荒れて、皮膚がボロボロになり、あげくのはてに、ひび割れして血が出ていました。

1日2食をはじめてから、手の乾燥が治まり、ひび割れになることもなくなりました。

それと、顔のシミが目立たなくなりました。

40歳を過ぎると、顔のシミとかそばかすが目立ってくるんですよね。嫁に言われて、目の下に大きなシミがあることに気づいたのですが、このシミが薄くなって目立たなくなりました

このことに気づいたのは、1日2食にして半年くらい経ってからです。 それ以降も少しずつですがシミが薄くなっています。

40歳を過ぎた女性はお肌の悩みが多いと思います。高級な洗顔フォームや、美容液を使うよりも、まずは体の内側から改善したほうがよいですよ。それが一番の近道だと思います。健康だけでなく美容を意識する人にも1日2食はおすすめですね。

体臭がなくなった

脱ぎたての肌着や、自分の髪の毛のニオイがほとんどしなくなりました。

それまでは、夕方になるにつれて、自分の髪の毛の匂いが気になってました。エアコンの風が頭にかかると、髪の毛のイヤな臭いがするのが自分でもわかるんです。

ニオイがしなくなったのに気づいたのは、1日2食を始めて二週間くらい経ったころでした。

1日2食で得られる効果はたくさんありますが、今日は体臭や加齢臭が和らぐ成果について紹介します。朝食を抜くと胃腸を休める時間が増えることで、胃腸が元気になって本来の能力を発揮してくれます。腸の調子が良くなることで血液がきれいになる効果もあります。血液がきれいになることで次第に体臭が和らいでいきました。

1日2食をはじめて4年経過してみて

僕は2015年の3月から1日2食をはじめたので、すでに4年が経ちました。今でも少しずつ体調が良くなっているのを感じています。

たまに、1日3食を食べていたころのことを、振り返ってみるときあります。

そのころと今を比べてみる、「いかに体に負担をかけていたか」がわかります。

お腹が減っていないとき、風邪で具合が悪いとき、二日酔いのとき、こんなときでも普通に朝食を食べていましたから。

今では、考えられないことです。体の調子が悪い時に、食べ過ぎるということは、弱っている体にムチを打つようなものだと分かったからです。

そしてゆくゆくは病気の引き金になり得る、ということに気づくことができました。ひょっとしたら1日2食にしなければ、今ごろ病気になっていたかもしれません。

1日2食にして、健康は自分の意志でコントロールできるし、自分自身でコントロールすべきなんだということがはっきりとわかりました。

この健康法に出会ったことを本当に感謝しているし、これからも続けていきたいですね。

おわりに

今回は、「1日2食の朝食抜き健康法で得られた9のメリット」を紹介しました。

やってみたいけど、なかなか行動に踏み切れない人は、まずは少しでもよいから、行動してみることです。朝食の量を減らしてみるとか、おやつの量を減らしてみるとか、そんな小さなことでよいんです。

歳を重ねていくたびに、体力も気力も衰えていくなんて嫌ですよね。

健康になりたければ、頭で考えるよりも、まずはやってみること

これが大事です。行動しなければ何もかわりません。

逆を言えば、行動すれば必ず理想は現実になります。

「まずはラクに簡単にはじめたい」という方はお読みください。

1日2食をはじめよう、と思った方は以下のような不安があるのではないでしょうか?

  • 朝食を食べないことを我慢できるだろうか
  • 空腹感に耐えられないなくなるのではないだろうか
  • 午前中に力が出ない気がする
  • リバウンドが怖い

こんな気持ちになるのは、人間として当たり前のことなので安心してください。

そこで、このような不安を感じている人に、オススメな方法があります。

それは、「朝食を青汁に置き換える方法」です。

いきなり朝食を抜くのは難しい。そこで、まずは朝食を青汁に置き換えます。

青汁ならば、炭水化物が入っていないので血糖値を上げる心配もないし、食物繊維が豊富なので便秘にも効果があります。

青汁の生活に慣れてきたら、今度は青汁を飲まない日を増やしていきます。そして、最終的には青汁も飲まないようにします。焦らずに2~3か月を目標にゆっくりとやっていきましょう。

このようにゆっくりと段階を踏んでいけば、無理なく朝食を抜くことができますよっ。

変わりたいと思っているのなら、すぐ行動にすることが大切です。人は後回しにすればするほど、今の熱い想いが薄れていくもの。

下記の公式サイトで初回だけ980円でお得に買えます。ぜひご利用ください。

大正製薬の乳酸菌青汁

副業で成功したい人に読んでほしい記事

副業で月3万以上稼ぎたい人向け。僕の熱い想いを込めて書いた記事なので、ぜひ読んでみてください。
副業をやったけど思ったより稼げない人が成功するために見るべきたった1つの動画

スポンサーリンク
レクタングル大336×280
レクタングル大336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

20180711関連コンテンツユニット
関連記事とスポンサーリンク