1日2食朝食抜き健康法で気になっていた体臭や加齢臭が和らいだ体験談

こんにちは~。あつもり(@atumori_eye)です。

1日2食朝食抜き健康法ってご存知ですか?朝食を抜いて1日2食にするだけで健康になれる手軽で簡単な健康法なんです。

1日2食で得られる効果はたくさんありますが、今日は「体臭や加齢臭が和らぐ成果について紹介」します。

朝食を抜いて1日2食にするだけでみるみる健康体になってゆく。そんな素晴らしい健康法をご存知ですか?朝食を抜くと体に悪いっていうイメージを持つ人が多いと思いますが、実はその逆なんです。朝食を抜くことでその間に胃腸を休められるため、かえって体調が良くなるんですね。
スポンサーリンク
レクタングル大336×280

朝食を抜いたことで体臭が和らいだ

朝食を抜くと体に悪いっていう風に思う人がほとんどだと思います。僕もそうでした。でも実践してみてそれが間違いだということに氣が付きました。常識だと思っていたことは非常識だったんです。

朝食を抜くと胃腸を休める時間が増えることで、胃腸が元氣になって本来の能力を発揮してくれます。それによって体のさまざまな不調が改善されるんですね。腸の調子が良くなることで血液がきれいになる効果もあります。

血液がきれいになることで次第に体臭が和らいでいきました。臭いを発する不純物が体内に溜まらない体質になったためだと思います。

加齢臭や口臭も和らいだ

40歳を過ぎると氣になる加齢臭や口臭。もうどうしようもないと思っていましたが、1日2食を初めてそれほど経たないうちに臭いがほとんどしなくなりました

夜に風呂に入るときに脱いだ肌着の臭いを嗅いだ時に、臭いがほとんどしなかったので驚きました。このことは1日2食にしてそんなに日が経たないうち氣づきました。

髪の毛のニオイも和らいだ

髪の毛も臭わなくなりました。1日2食にする前は、夕方になると自分の髪の毛の臭いが臭くて嫌だったんですけど、臭わなくなりましたね。これはホントに嬉しかったですね〜。

臭ってないかな〜とか考えて周りの目を氣にしなくていいし。 1日くらいお風呂に入らなくってもそんなに臭わなくなりますよ。

顔が油ギッシュじゃなくなる

顔の油があまり氣にならなくなりました。1日2食をはじめてから洗顔フォームは使わずに、お湯洗いだけで洗っています。油がほとんど付いていないから、これで十分汚れが落ちるんですね。

1日2食を続けてきて体の内側からキレイになってる感じがします。口臭や体臭、加齢臭が氣になる人にはぜひオススメしたい健康法ですっ

さいごに

どうでしたか?朝食を抜くだけの簡単健康法。朝食を抜くのって簡単じゃないじゃん!って声が聞こえそうですね。確かに今まで当たり前のように朝食を食べていた人は辛いかもしれません。

はじめのうちは何か口寂しくてなんだかむなしさを感じると思います。そんな時は野菜ジュースを飲んで紛らわすと良いですよ。はじめは辛いかもしれませんがだんだんと慣れてきます。

まずは試しに2週間くらいやってみてはどうでしょう。効果が感じられなかったり不調になったらすぐにやめればいいのだし。

ただ頭の中で考えて無理と結論を出すよりもまずはやってみたほうが良いと思います。1日2食朝食抜き健康法は、それだけ素晴らしい健康法なんです。

ブログを書いているのはこんな人です

CDアルバムをリリースしました!

「ほんの少しの勇氣をあげられたらいいな」
そんな想いを込めて魂で歌ってます。

「人生ってもっとキラキラしていたんじゃないか?」
「本当の自分はどんな顔をしていたんだろう?」
「過去の後悔、未来の不安で押しつぶされそうになる。」
そんなときに聴いてほしい。

iTunes Store、music.jp STORE、mora、レコチョク、うたパス、Spotify、LINE MUSIC、Amazon musicなど約30種類の音楽配信サービスで聴くことができます。

Album • 2020 • 9 Songs • 22 mins

自力で0.1以下の視力を1.0まで回復させました!

YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

 

チャンネル登録してもらえると、とっても嬉しいですっ!そのことが、僕の励みになり、勇気になります。そして、もっとたくさんの人の役に立つ動画を発信していく、エネルギーになります。

左上のYouTubeボタンをクリックするだけで、簡単にチャネル登録できます。

スポンサーリンク
レクタングル大336×280
レクタングル大336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

20180711関連コンテンツユニット
関連記事とスポンサーリンク