40代で1日2食朝食抜きにして効果があったことをまとめてみました

こんにちは~。あつもり(@atumori_eye)です。

1日2食の朝食抜き健康法をはじめて4年が過ぎました。そこで今回は1日2食朝食抜きにして効果があったことをまとめてみましたので紹介していきたいと思います。

4年なんてあっという間ですね~。はじめた当時は軽~い気持ちで「なんか面白そうだからやってみよう」的なノリだったんですけど、こんなに続くとは思ってもいなかったです。

自分でもびっくりしてますね~。何事もまずはやってみることが大事だとつくづく思います。

スポンサーリンク
レクタングル大336×280

なぜ4年も続けられたか?

今でもたまに朝食を食べたいなって思う時もあります。朝食を食べていた時のことを振り返ると、朝食を食べたいという欲求だけでなく、朝食の時間って特別な時間だったんですよね。

特に旅行へ行ったあとに感じますね。今でも旅行に行った時はホテルで朝食を食べます。せっかく家族で旅行に行ったのにホテルで出された朝食を食べなかったら旅行ムードが台無しですからね。

だから旅行のときだけは特別です。でも旅行から帰ってきた次の日、朝食がないのがちょっと寂しかったりもします。

それでも4年間ほぼ朝食抜きで過ごしてきました。なぜ4年間も続けられたか?というと、答えは簡単です。朝食を食べないと体の調子がいいからです。

一番感じるのは胃腸の調子がいいということ。朝起きたときには腹が減ってグーッと音が鳴ります。この音を聴くと「今日もがんばるぞ」って気持ちになります。便は午前中にきれいなバナナ状のものが出ます。

他には体が軽く感じられて、疲れにくくなったということ。1日2食を始める前は午前中は体が重くだるかったのですが、今は体がスッキリしていてだるさは感じません。

体が軽いと気持ちも軽くなり、考え方が前向きになるので、色々なことにチャレンジしようという意欲が湧いてくるんですね。その結果全てが好循環になり、ポジティブな思考になってくるんです。

そんなわけで1日2食を続けられたのは、朝食を食べないほうが体調が良くなり、考え方もポジティブになり、その結果、生活全体が良いものに変わっていったからです。

胃腸の調子が良くなった

それでは具体的に1日2食にしてどんな効果があったかを紹介していきます。

やはり一番効果を感じているのは胃腸の調子が良くなったことですね。朝食を食べないので胃腸が消化活動をせずに、排泄だけに集中することできます。その結果、胃腸を休めることができるわけです。毎日快便になりますよ~。

胃腸の調子が良くなると空腹時に腹がグーっと鳴るようになるし、食べ物がとっても美味しく感じられるようになります。ただし朝食を抜いているからといって昼に食べすぎると、逆に体の調子が悪くなるので注意が必要ですっ。

1日2食朝食抜き健康法は朝食を食べないことによって、前の日の夕食から次の日の昼食までの時間、胃腸を休める健康法です。胃腸が元気になると今までより食べ物が美味しく感じられるようになります。これは高齢になればなるほど効果が感じられると思います。特に食事前に腹からグ~っと音がして空腹感を感じられるようになりました。

疲れにくくなった

1日2食にすると体が疲れにくくなります。

朝食を食べているときは食べた食物を消化しなければならず、そのために体のエネルギーをたくさん使っていたんですね。

朝食を食べないことで余分なエネルギーを使わなくて済むので、その結果疲れにくくなるのです。3食分の食物を消化排泄するのに使うエネルギーはフルマラソンを走るエネルギーに相当するらしいですよっ。この話を聞くと、食べ過ぎがいかに体に悪いというのがわかりますよね。

そして疲れにくくなると自然と気持ちが前向きになってきます。新しいことにチャレンジしみようとか、苦手なことを克服してみようとか。行動的な思考になってきます。

こういった気持の変化も1日2食にして良かったと思うことのひとつですね。

1日2食にする前は、午前中はダルいし眠くてやる気も湧かない状態でした。1日2食にしてからは体がシャキッとして軽く感じられるようになりました。朝食を食べてない分、食べ物を消化するのに体の力を使わないで済むから、その分全身の疲労回復や傷の修復などに当てられるんだと思います。

体臭が和らいだ

アラフォーになってくると気になるのが加齢臭です。もともとそれほどきついほうではなかったと思うのですが・・それでも夕方になると頭皮の臭いが気になったりしました。

その体臭が驚くほどなくなりました。夏場で汗をたくさんかいた後でもそれほど体臭を感じなくなったのです。腸が健康になったおかげで血液がきれいになり、不純物が体内に貯まらない体になったためだと思います。

あとは夕方になると出てくるオデコの脂がなくなりました。1日2食にする前はオデコが脂でギットギトだったのですが、サラッサラになりましたよ。

1日2食で得られる効果はたくさんありますが、今日は体臭や加齢臭が和らぐ成果について紹介します。朝食を抜くと胃腸を休める時間が増えることで、胃腸が元気になって本来の能力を発揮してくれます。腸の調子が良くなることで血液がきれいになる効果もあります。血液がきれいになることで次第に体臭が和らいでいきました。

肌がきれいになった

40歳を過ぎると体臭も気になりますが、肌のシミやくすみも気になる年齢です。ツヤやハリもなくなっていき、シワが増えていきますよね。それが1日2食をはじめてから、顔のシミが薄くなりました。

午前中に腸の中で分泌される「モチリン」という物質にはアンチエイジングの効果があります。このモチリンですが、空腹時にお腹がグーって鳴る時に分泌されるんですね。このモチリンが肌を若返らせていたんですね。

40歳を過ぎた女性はお肌の悩みが多いと思います。高級な洗顔フォームや、美容液を使うよりも、まずは体の内側から改善したほうがよいですよ。それが一番の近道だと思います。健康だけでなく美容を意識する人にも1日2食はおすすめですね。

病気に対する意識が変わった

これも大きな変化のひとつですが、今まで病気は医者が治してくれるものと思っていました。「医者が出してくれた薬を飲めば病気は治る」って信じてたんです。

でも1日2食にしてみて、薬にたよらずに自力で治すことができる病気もあるといことに気付きました。

風邪やインフルエンザをはじめ、抗生物質を飲まないと治らないと言われている副鼻腔炎さえも自力で治るんです。もともと人間は自分で病気を治す自己治癒力を持っています。それをもっと高めるのが朝食を抜く1日2食朝食抜き健康法なんです。

1日2食を始める前は風邪をひくと咳が長引いてしまい、酷い時だと1か月以上も咳をしていたことがあります。それが1日2食をはじめてから、風邪自体にかかりにくくなり、風邪をひいたとしても長引くことはなく数日で治ってしまいます。

だからといって自力で治せない病気もあるでしょう。でも今まで風邪やインフルエンザにかかるとすぐに病院に行っていた時と比べると、病気に対する考え方がまったく変わりました。

できるだけ薬などに頼らず、体の内側から病気に立ち向かおうという気持ちになったんです。

自然治癒しにくいと言われているやっかいな病気である副鼻腔炎ですが、薬を使わずに自力で治す方法があります。その方法とは朝食を食べない1日2食朝食抜き健康法です。人間はもともと病気を治す自然治癒力を持っていて、1日2食朝食抜き健康法はこの力を最大限に発揮させる方法なんですね。

まとめ

いかがでしたか?今回は40代で1日2食朝食抜きにして効果があったことをまとめてみました

1日2食にして4年が経ちますがこれからも続けて行きたいと思っています。これから年齢を重ねていくと病気に対する不安が大きくなってくると思います。

しかし1日2食でポジティブな気持を維持してその不安に打ち勝っていきたいですね。まずは健康でなくては何もできませんからね~。

そして1日2食だけに頼るのではなく、自分の体が衰えないように日々鍛えていきたいです。

1日2食朝食抜き健康法を続けていると日に日に体調が良くなっていくことに気づくと思います。その結果、気持ちが前向きになりやる気がみなぎってくるんですよね。健康でいられるってことは何よりも大切なことだし、生きる活力になるんだなと実感しています。

スポンサーリンク
レクタングル大336×280
レクタングル大336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

20180711関連コンテンツユニット
関連記事とスポンサーリンク