40歳を過ぎても若くてやる気がみなぎる健康法やトレーニングを紹介します

こんにちは~。あつもり(@atumori17)です。

40歳を過ぎると体力的にも精神的にも20代、30代のようにはいかなくなります。基礎代謝が悪くなり太りやすい体質になるし、筋肉量も減ってきます。

胃腸だって弱くなってきます。若い頃のように暴飲暴食をすると次の日が辛いですよね~。

そんな悲しい老化現象ですががんばり次第で最小限に食い止めることはできます。そこで今日は僕が実践しているやる気がみなぎる健康法やトレーニングを紹介します。

スポンサーリンク
レクタングル大336×280

1日2食朝食抜き健康法

1日2食朝食抜き健康法とは朝ごはんを食べないで昼食、夕食の2食で済ませてしまおうという健康法です。

朝ごはんを抜くと言うと体に悪いんじゃないかと思うかたもいるかたと思いますが、実はその逆なんですね。朝食を抜くことで午前中にしっかりと胃腸や肝臓などを休めることができます。

これを続けていくと日に日に健康的な体になっていきます。風邪にかかりにくくなったり、疲れにくくなったり、体が健康的になると気持も前向きになってくるんですね。

僕が40歳を過ぎても精力的に活動できているのは1日2食健康法のおかげだと思っています。暴飲暴食をしていた30代に比べるとずっと体調がよいですし、何より気持ちが前向きになります。

1日2食朝食抜き健康法の記事はこちら

朝食を抜いて1日2食にするだけでみるみる健康体になってゆく。そんな素晴らしい健康法をご存知ですか?朝食を抜くと体に悪いっていうイメージを持つ人が多いと思いますが、実はその逆なんです。朝食を抜くことでその間に胃腸を休められるため、かえって体調が良くなるんですね。

マインドフルネス

マインドフルネスとは過去や未来のことは考えずに「今ここにある現在」に目を向けるという考え方です。そしてマインドフルネス瞑想は今だけに目を向け、余計な雑念を振り払う精神統一方法なんですね。

マインドフルネス瞑想ができるようになると集中力がアップします。余計な雑念が浮かばなくなるからひとつのことに集中して取り組めるというわけなんですね。

誤解されやすいのがマインドフルネス瞑想は宗教じみた考え方は一切ありません。座禅を組む必要もないですし、好きな時に好きな場所で好きな姿勢で行うことができます。

マインドフルネス瞑想の記事はこちら

マインドフルネス瞑想に慣れてくると、日常生活の中で余計な雑念を消すことができるようになります。 勉強したり、読書をしたりするときに他のことをあまり考えなくなります。そしてスポーツの試合、会議での発表、ピアノの発表会などの大事な場面でも集中力を保ってのぞむことができるようになります。

冬に薄着で過ごす

僕は冬にコートなどで寒さをしのぐのが当たり前だと思っていました。ですが必要以上に厚着をすると、もともと人間が持っている「寒かったら体を温める」という機能が働かなくなってきます。

それに寒い時に体を温めようとすると成長ホルモンが分泌されるんですね。これが若返りの効果があるみたいですね。

冬にコートなしで過ごす記事はこちら

今年の冬も寒いですね。夏が終わったと思ったら一気に寒くなって、秋を通り越して冬が来た感じがします。みなさんはもうコート着てますか?あたりまえだろっ!って答えが返ってきそうです。周りを見てもみんなコートを着てますもんね。サラリーマンだけを見て

両利きにするトレーニング

僕は右利きなのですが、左手も右手と同じように使えるようにしたことで、今までより生活がすっごくラクになりました。

今まで右手だけでやっていたことを左手にやらせて負担を分散できるため、体全体のバランスも良くなります。

両利きにするトレーニングの記事はこちら

左手と右手、両方の手が使えるようになったら便利だと思いませんか?両利きになると間違いなく生活がラクになりますよ。右手しか使えないと右手にばかり負担がかかりますが、左手を使えるようになると分業できるので右手の負担が減ります。今回は両利きになるための具体的な訓練方法を紹介します。

エレベーターを使わず階段だけで過ごす

年をとってくると気になるのが筋肉の衰えですよね~。エレベーターを使わず階段だけで過ごすことで自然に無理なく筋肉をつけられますよ。太ももに筋肉をつけることで基礎代謝もよくなります。

太ももの筋肉は全身で一番大きい筋肉なので、この太ももを鍛えることで全身の筋肉量がアップし基礎代謝が上がります。基礎代謝が上がれば脂肪が燃焼されやすくなり痩せやすい体になります。階段の上り下りのように日常生活に取り入れてられるトレーニングを行うことで効率的に筋肉をつけることができます。

好きなものを食べる

80歳、90歳まで元気に過ごしているおじいちゃん、おばあちゃんが

「元気の秘訣はなんですか?」

「好きなものを食べることですね」

ってよく聞く話しですね。

僕は食べること、お酒を飲むことが大好きです。そしてできるだけ好きなものを食べるようにしています。1日2食にして1食分食べられないのは残念ですが、そのぶん空腹状態で食べる昼食が最高にうまいですっ。

いきなりステーキで食べたときの記事はこちら

いきなりステーキはランチメニューの乱切りステーキが旨いっ。コストパフォーマンスが高くこの値段でこの品質のお肉はなかなか食べれませんね。サーロインやリブ、ヒレなど色々な部位の肉が混ざっているのですが、すべての肉が柔らかかったです。たぶん国産がほとんどなんじゃないかな?

インドの青鬼の記事はこちら

苦味の後に広がるオレンジのようなフルーティでコクのある味わいがインドの青鬼の魅力のひとつです。飲んだあとの満足感が高いのはアルコール度数が7%と高めなこともあると思います。味が濃くてアルコール度数も高いため、インドの青鬼を飲んだ後に他のビールや発泡酒を飲むと薄く感じたり、物足りなさを感じちゃうんですよね。

食事中・食後に水分をとらない

食事中や食後にお茶や水を飲まないようにしたら胃腸の調子がかなり良くなりました。胃もたれ感がなくなりましたね~。水分をとらないと胃液が薄まらないから消化がよくなったんですね。

食事中・食後に水分をとらない記事はこちら

食事中や食後に水分を取ると胃酸が薄まってしまい消化の妨げになることはご存知ですか?。食事中はもちろん食後は3時間程度は水分をとらないほうが良いです。なぜかというと胃から完全に食べ物がなくなるのに約3時間程度かかるからです。私は食事中や食後の水分摂取をやめたおかげで胃もたれがなくなりました。

趣味の時間を大切にする

趣味の時間は大事ですね。楽しくなきゃ気持ちは前向きにならないですからね~。仕事を頑張ることも大事ですが、楽しんだり、休んだりすることも同じくらい大事ですね。

僕は音楽が趣味なので休みの日は音楽を聴いたり、ギターを弾いたりします。

音楽レビューの記事はこちら

死ぬまでに聴きたいアルバム1001枚に影響されてロック名盤をひたすら紹介していきます。60年代、70年代ロック、プログレッシブ、ハードロック、ガレージロック、オルタナ、グランジ、ヘビィメタル、デスメタル、メロコア、洋楽、邦楽なんでもありの名盤紹介です。ロック初心者にもおすすめですよ~。
ドラムが目立つ曲って聴いててテンションが上がる曲が多いですよね。それにドラムが目立つバンドってカリスマ的なバンドが多いんですよね。レッド・ツェッペリン、メタリカ、X JAPAN、ラウドネス、ラッシュ、ザ・フーなどなど。聴いていると自然と体が動いてしまうようなエネルギッシュなバンドが多い!

さいごに

いかがでしたか?今回は僕が実践しているやる気がみなぎる健康法やトレーニングを紹介しました。

今紹介したことをやってきて僕が自信を持って言えることはただひとつ。それは30代のころより行動的になったということです。この先の人生がどうなっていくかはわかりませんが、少なくとも30代のころより前向きにワクワク感をもって過ごしています。

まあ今紹介したことは僕がやりたかったことなので、このブログを見てくださっているかたは自分なりに挑戦したいことを見つけてやるでもかまわないと思います。まずはなんでもいいから自分を変えられることを試してみること。そして一歩踏み出すことが大事ですよね。

それができればまずはいいんじゃないでしょうか?途中で嫌になってやめてしまっても、一歩踏み出さなければ何もはじまりませんからね。

スポンサーリンク
レクタングル大336×280
レクタングル大336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

20180711関連コンテンツユニット
関連記事とスポンサーリンク