風邪やインフルエンザの時の発熱は体に悪くない。発熱は体をデトックスできる最高の薬

いつもありがとうございます!

健康コンサルタント×ブロガーのあつもり(→プロフィール)です。

風邪やインフルエンザにかかってしまったときに、熱が出ることがあると思います。特にインフルエンザの場合、38~40度の高熱が出ることもしばしば。

このときに「あ~熱が出ちゃった。やべーな」という具合に、熱が出ること自体が悪いことだと思っている方いませんか?

発熱は人間の自然な生理現象です。鼻に異物が入った時に、くしゃみをするのと同じようなものなんです。

だから、熱が出ることは体にとって良いこと。体が弱っているから発熱するのではなく、ウィルスが体内に入ったため、そのウィルスを死滅させるために体温を上げているのです。

今回は風やインフルエンザ時に発熱したときに、ポジティブな氣持ちになれるように、発熱は悪いことではないということをお伝えしていきます。

スポンサーリンク
レクタングル大336×280

発熱することでウィルスと戦っている

なぜインフルエンザや風邪にかかると発熱するのか?

それは、体内のウィルスを熱でやっつけるためです。体温が38.5度以上になると、体内のウィルスは死滅するのです。

この時に凄いのが、インフルエンザや風邪のウィルスだけでなく、他のウィルスやがん細胞まで殺してくれるというところです。まさに、「発熱は体をデトックスできる最高の薬」なんです。

年に1度くらい38.5度以上の熱を出しておけば、体のウィルスとがん細胞が死んで、細胞がキレイになるというわけです。そうすれば病氣になりにくい体にもなります。

このような理由から、発熱はむしろ良いこと、と捉えたほうが発熱したときの回復も速いし、氣分も良いですよ。

発熱したあとに、体がスッキリして軽く感じたことはありませんか?これが発熱によるデトックス効果です。体の中のウィルスがいなくなったので、当然、体はすっきり軽くなるというわけです。

ところで発熱したときに、びっしょり汗をかき、熱が下がっていたことがありませんか?

これは発熱によってウィルスが死滅し、発熱する必要がなくなったため、体温を下げようとして汗をかいたのです。

汗をかいたあとに、すっきり壮快な感じになるのは、ウィルスが死滅し熱が下がったことによるものだったんですね。

解熱剤や薬は使わないほうが治りが早い

このように発熱は、体にとって良いことだということがわかりましたね。

ところで、頓服薬ってご存知ですか?インフルエンザや風邪などで高熱が出たときに、お医者が処方してくれる解熱剤のことです。

「よっぽど辛い時に飲んでください。」と言って渡されると思います。

この頓服薬ですが、健康体の人は飲まないほうがよいです。というのも、せっかく体が発熱して、ウィルスを殺そうしているのに、その熱を下げてしまうからです。

これではウィルスは死滅しないで、生き残ってしまいますよね。発熱による、ダルサや身体が感じる熱さは和らぐかもしれませんが、ウィルスが死滅しなければ、風邪やインフルエンザは治らないのです。

つまり解熱剤を使うことで、病氣の治りを遅くしているのと同じことなんですね。一時的に症状は軽くなったとしても、ダラダラと病氣が長引くだけだということです。

早く治したいのであれば、解熱剤は使わないようにしましょう。

布団なので温めすぎないように適度に温めよう

発熱時は、とにかく毛布や湯たんぽで温かくする。というのが当たり前になっている人はいませんか?

さきほどのように、人の体はウィルスと戦うように、自ら体温を上げる機能があります。そのため、布団などで温めすぎてしまうと、この機能が十分に働かなくなる恐れがあります。

体の内側から温めてウィルスを退治したいのに、外側から温めすぎてしまうためです。

外側から温めても、体温はある程度上がりますが、ウィルスを死滅させるには、体の内側から温める必要があります。そのために、温めすぎは良くないということです。

冷やすのも注意が必要です。発熱で体が熱すぎて我慢できない、ということであれば、おでこを塗れたタオルで冷やす程度にしましょう。

発熱したからといって、体はそれほど熱くないにも関わらず、すぐに氷枕を入れたりするのはあまりよくありません。ウィルスを退治するための十分な発熱を、妨げることになるからです。

適度に体を動かそう

風邪やインフルエンザにかかったときは、安静にしていなさいと良く言われます。しかし、動ける体力と氣力があるのなら、少しは体を動かしたほうがよいです。

なぜなら、ずっと寝たままだとリンパ液の流れが滞るからです。

リンパ液は、体の毒を体の外に出す働きがあります。血液は心臓が送り出していますが、リンパ液を動かすことができるのは運動しかありません。

ずっと寝たままだと、リンパ液が動かないため、毒素が体の中にたまったままになるのです。ウィルスや老廃物などは、早く体の外に出したほうが、病氣の治りが良くなるのは当然のことなのです。

このため、台所に水をくみに行ったり、こまめにトイレに行ったり、家の中の範囲内で良いので軽い運動をするようにしましょう。

さいごに

発熱は体に悪いことではなく、体に良いことだったんですね。これで発熱が怖くなくなりましたね。

確かに風邪をひいたり、インフルエンザにかかってしまったことは、良いことではないかもしれません。会社を休めないし、家事をやらなきゃいけない方もいると思います。

でも発熱してしまったものは仕方ない。

発熱したら、「今週はデトックス週間なんだ。心も体もリフレッシュしよう」

そんなポジティブな氣持ちでいるのが良いですよ。熱が下がった時にとっても氣分がよいですから。ぜひ試してみてください。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

ブログを書いているのはこんな人です

自力で0.1以下の視力を1.0まで回復させました!

僕は0.1以下の視力を自力で1.0まで回復させました!メガネを使わない独自の視力回復法を実践したからです。その体験から、メガネをかけると視力は下がることを確信しています。視力が落ちはじめて眼鏡をかけようか迷っている人に、ぜひ見てもらいたい動画です。眼鏡をするかしないかは、あなたが決めること。世の中の常識や周りの人…

 

チャンネル登録してもらえると、とっても嬉しいですっ!そのことが、僕の励みになり、勇気になります。そして、もっとたくさんの人の役に立つ動画を発信していく、エネルギーになります。

左上のYouTubeボタンをクリックするだけで、簡単にチャネル登録できます。

スポンサーリンク
レクタングル大336×280
レクタングル大336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

20180711関連コンテンツユニット
関連記事とスポンサーリンク