バスケの応援の掛け声で選手たちのメンタル力を引き出す方法

こんにちは!勇気プレゼンター×音楽家のあつもり(→プロフィール)です。

みなさんは、バスケの応援に行ったことがありますか?

プロの試合だったら、応援の声が直接選手に届くことはあまりないと思いますが、小中学生の試合だったら、応援席の声は選手に届きますよね。

そこで氣をつけたいのが、応援の掛け声です。掛け声によって選手の動きが全く違ったのものになるからです。

「掛け声なんて何を言っても同じゃないの?」

「結局は選手の技術力じゃないの?」

と思われるかもしれません。

もちろん技術力は大事ですが、それと同じくらい流れを引き寄せる力も大事です。

そして流れを引き寄せるには、前向きなメンタル力が必要です。

メンタル力は、個人が持っている能力ではありますが、応援の掛け声によって上げることができるのです。

ネガティブな言葉は言わない

選手たちの心が前向きになる言葉をかけてあげる。

これがメンタル力を高める応援です。

「何だそんなことか。当たりまえだよね」

と思われたかもしれません。

言われてみると、簡単に聴こえるかもしれませんが、実際にできている人は少ないのです。

選手が自分の思った通りの動きをしてくれない時に、反射的に

「あ~あ」

「そこは決めろよ」

「もっと走れよ」

「バカ」

というような言葉が出てしまったことはありませんか?

ゲームにのめりこめばのめりこむほど、こんな言葉が出やすくなります。

選手よりも応援者のほうが熱くなり、感情移入しすぎて我を忘れてしまうのです。

勝ち負けなどの結果にこだわる人ほど、この傾向は強くなります。

もちろんスポーツですから、結果にこだわるのは大切なことです。

しかし、結果にこだわるあまり選手がミスしたら、罵声を浴びせるのはどうでしょうか。

あくまでも応援なのですから。

失敗を指摘すればするほど、選手は次のプレーへの恐怖心が大きくなります。

シュートミスを指摘された場合、次のシュートチャンスの時に、

「またけなされる」

という恐怖心がよぎり、シュートできないかもしれません。

これは頭の中で考えていなくても、潜在意識が反応することもあります。

普段、頭の中で考えていることは顕在意識、無意識に思っていることは潜在意識といいます。

この潜在意識が反応して、体を硬直させたり、不安な氣持ちにさせたりすることもあるのです。

このように、応援の言葉は選手のメンタルにとても影響するということです。

応援というのは、たとえミスしたとしても「どんまい。次があるよ」と温かく見守ってあげることですよね。

「見守ってあげる」という姿勢が選手たちの心の盾となり、相手に向かってゆく勇氣になるのです。

ミスしたときに、

「何やってんだよ」

とい言葉ではなくフォローの言葉をかけることも大事です。

「おしい」「どんまい」

というような「次があるさ」という掛け声。

これならば、失敗は心の中からスーッと消えてゆくでしょう。

そして、

「今失敗したから次は成功する」

というポジティブな思考になっていきます。

そうなれば、次のプレーが積極的になるし、いずれ良いプレーにつながります。

いいプレーをしたら褒めてあげる

見守る姿勢ができたら、

「私たちはあなたたちの味方だよ。だから思い切りプレーをすればいいんだよ」

そういった氣持ちが、伝わるような言葉をかけてあげる。

それが「応援すること」だと思います。

ではどういう言葉をかけてあげれば、良いのか?

とっても簡単です。

いいプレーをしたら、褒める言葉をかけてあげればいいんです。

これは、簡単なようだけどなかなかできないかもしれません。

なぜなら、日本では叱って育てることが美徳とされていたため、叱られて育った人が多いからです。褒められる機会が少ないため、褒めることに慣れてない人が多いのです。

褒めることが恥ずかしい、調子に乗るんじゃないか、褒めてのびるなんてきれいごと、そんなふうに考えてしまいがちになる。

もしそういう思いがあるなら、一度褒められる側に立ってみるとよいかもしれません。たぶん、褒められて嫌な思いになる人はいないのではないでしょうか?

もっと褒められたい。そのためにもっと活躍したい。そう思うのではないでしょうか?

こうなると、心の底からプラスのエネルギーが込み上げてきます。

けなされれば、反対にマイナスのエネルギーが込み上げてきます。

どっちがよいプレーにつながるかは、言うまでもありませんよね。

だからといって、相手をおだてるための、お世辞は良くありません。選手たちに届くのは、心からの誉め言葉です。

「今のシュート凄く良かったよ」

心からこのような言葉をかけてあげれば、必ずメンタル力は高まります。

人間は「他人から認められたい」という強い欲求を持ってます

この気持ちが満たされたとき、強力なメンタル力を発揮するのです。

そして、もっともっとこの気持ちを味わいたい。そのためにいいプレーをしたい。

そう思うようになります。

心も体と同じで、エネルギーが必要です。体は食べ物でエネルギーを補給することができます。では心は何でエネルギーを補給すればよいのか?

それが相手を認めてあげる誉め言葉なのです。

だから、

シュートが決まったら「ナイシュー」
ディフェンスでボールをカットしたら、「ナイスディフェンス」「ナイスカット」
リバウンドを取ったら「ナイスリバン」

その言葉が選手の心のエネルギーになります。

このように、褒めてあげることがその選手のメンタル力を引き出すことになり、試合の流れを引き寄せる原動力になるのです。

さいごに

言葉の力って凄いですよね。応援の言葉で選手たちのメンタルやプレーが変わる。

それは素敵なことだと思います。だって応援もチームの一部だってことだから。

僕は、応援が試合の勝ち負けを左右することもあると思っています。実際、強いチームほど、応援席が明るく盛り上がっているんですよ。

その明るく楽しいプラスのエネルギーが、選手たちにも伝わっているのだと思います。

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました!

今回の内容を、YouTubeの動画でもお話してます。

左上のYouTubeボタンをクリックするだけで、簡単にチャネル登録できます。

役に立った!面白かった!と思ったら応援ポチお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加