高所恐怖症を治す方法

いつもご覧いただきありがとうございます!
勇氣プレゼンター×音楽家のあつもり(→プロフィール)です。

  • 高層マンションや高層ビルの上層階に行くと足がすくんでしまう。
  • 山登りは好きだけど、山頂から下を見るのが怖い。
  • 遊園地のジェットコースターや観覧車が苦手。

このように、高いところが苦手な人ってけっこう多いですよね。
そういう僕も、少し前までは高所恐怖症でした。

子供のときは、東京タワーやサンシャイン60に上るのが大好きだったんですけど、いつのまにか高いところが怖いと思うようになっていました。

たぶん、父親が高所恐怖症だったので、自分もそうなんだと思い込んでいたんだろうと思います。

でもあることをきっかけに、高所恐怖症を治すことができました。
今回は、そんな僕の体験を交えて、高所恐怖症を治す方法をお伝えしていきます。

今回の内容を、YouTubeの動画でもお話してます。不安が解消できます。ぜひご覧ください。

チャンネル登録してもらえると、とっても嬉しいですっ!そのことが、僕の励みになり、勇氣になります。そして、もっとたくさんの人の役に立つ動画を発信していく、エネルギーになります。

左上のYouTubeボタンをクリックするだけで、簡単にチャネル登録できます。

1冊の本が高所恐怖症を治すきっかけになった

ある本に書かれていたことがきかっけで、長年持っていた高所恐怖症を治すことができました。

その本とは、

セラピストの石井裕之さんが書いた「ダメな自分を救う本」です。

石井さんご自身も、高所恐怖症だったそうです。あるとき、石井さんはジェットコースターに乗らないといけない状況に立たされました。

そのときに「僕の心はこの遊園地いっぱいに広がっている」

と考えるようにしたそうです。

すると怖さを忘れ、今まで感じたことのない楽しさを感じたのだそうです。

「これだ!」と思いました。

そして、実際にビルの非常階段で試してみました。非常階段はビルの外に設置されていたので、1階の地面まで見える状態でした。

これまでの僕なら、足がすくんで下半身がぞわぞわして、下を見れなかったと思います。

「でも、今日は違う。僕の心はこのビルよりも大きい」

と心から思うようにしました。

心がぐんぐん広がって、ビルを見下ろしているような感じをイメージしました。

そして、ここからは、僕の独自の考え方なのですが、落ちた時の恐怖を考えないようにしました。

下を見て怖いのは「もし落ちたら」って考えてしまうから。

さらに、

「落ちたら痛いんだろうな、死んじゃうんだろうな」

と、ここまでイメージしてしまうからです。

だから、

「絶対に落ちることはない。仮に落ちても死なない」

って思うようにしました。

すると、足のすくみと下半身のぞわぞわを感じなくなったんです。

下を見ても大丈夫でした。

嬉しくて、

「おお~!」

って心の中で叫びました。

苦手意識は考え方ひとつで治る

僕はこの経験から、苦手なものは考え方を変えれば克服できるものということを実感しました。

  • 僕には無理
  • あの人だからできた
  • やらなくてもわかる

こういった決めつけや思い込みは、自分の可能性を凄く狭くしているんです。

はじめから無理と決めつけてしまっては、何も変わらない。

高所恐怖症の例からもわかる通り、自分の心の持ち方を変えるだけで、苦手だったことを克服することができる。

「もしかしたら、苦手だと思っていたのは、単なる思い込みで、簡単に治す方法があるのでは」

と考え始めた時に変わり始めるんです。

そう考えた時、人の脳ははじめて、「じゃあどうしたら治すことができるか?」を考えるようになるからです。

解決法が閃くかもしれないし、本やブログ、YouTubeからヒントが見つかるかもしれません。

これは無理だと思っていたら、このヒントを見つけることはできないでしょう。

なぜなら、無理だと決めつけていると、ヒントを探そうとも思わないし、仮にヒントが目の前に入ってきたとしても、それを見つけることはできないからです。

人間の脳には、自分に関係ない情報はシャットアウトするフィルター機能が備わっているからです。

だから無理だと決めつけず、できるかも、という意識でいることが、答えを見つけることにつながっていくのです。

さいごに

高所恐怖症や対人恐怖症などの苦手意識。治したいと思っているのであれば、まずは「できるかも」と思うことからはじめてみてください。

その時点から「過去のできなかった自分」から、「今から変わりはじめた自分」になるんです。

そうすると、ほんの少しの勇氣が生まれてきます。ちょっとの勇氣が生まれれば、ちょっとだけ行動できるようになります。

ここまで来ればもう克服したようなもの。

ちょっとの行動が次の行動、また次の行動というようにつながっていき、ある時、苦手を克服している自分に氣づくはずです。

人の才能は生まれた時はみんな同じだそうです。でも成長するにつれて、能力の違いが目につくようになってくる。

その違いは、苦手意識を持ったどうかの違いなんです。

自分が苦手と思うか、苦手ではないと思うか、その考え方の違いが能力の違いになって現われてくるだけ。

全ては自分の心次第ということ。心が変われば行動がかわる。行動が変われば現実も変わる。

あなた次第でいくらでも現実は変えられるということです。

まずは一歩踏み出してみませんか?楽しくなる人生を思い描きながら。

高所恐怖症を和らげる方法として、俯瞰もオススメです。

俯瞰とは高い目線で景色を見下ろすこと。

やり方やメリットなど詳しいことは下の記事をご覧ください。

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

役に立った!面白かった!と思ったら応援ポチお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加