意識の95%は潜在意識5%が顕在意識

自力で視力回復に取り組むうえで大事なこと。

それは

潜在意識を味方につけること。

意識の95%は潜在意識。残りの5%が顕在意識。

顕在意識は自覚できる意識で、潜在意識は自覚できない無意識のこと。

熱いやかんに誤って手が触れてしまったとき、反射的に手をひっこめる。

これは潜在意識。頭で考えたわけじゃなく、無意識に手をひっこめたから。

体の臓器の動きはほとんどが潜在意識が行っている。

頭で考えて心臓を止めたり動かしたりすることはできない。

食べ物を食べた後の消化活動もすべて自動的に行われている。

実は臓器だけでない。歩く動作ひとつとっても潜在意識が行っている。

歩くという命令をするのは顕在意識だけど、実際に足をどの程度曲げて、重心をどの程度前に移動して、そんな内部的なことは潜在意識がやっている。いちいち頭の中で考えていない。

このように潜在意識は人間の生命活動すべてにかかわっている。

この壮大な潜在意識を味方につけることで視力回復がグッと現実に近くなる。

潜在意識を味方にすることで眠っている間も視力が回復していく。

逆に言えば、表層の顕在意識でどれだけ視力回復することを信じても、深層の潜在意識が信じていなければ視力回復は難しいということ。

5%で頑張るか95%を有効に使うか?

どっちがラクかな。

役に立った!面白かった!と思ったら応援ポチお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加